Sponsored

よく遅刻する人が共感せざるをえないこと

あなたや、あなたの身近な人にも当てはまる…?

1. 早く起きたら、安心して二度寝する。そして、遅刻ギリギリに目覚める。

数分だけ二度寝するつもりが、数時間経ちがちです。

2. 時計の針を進めたり、アラームを設定しまくったりするけど、ほぼ意味がない。

5分時計の針を進めても、「時計の時間+5分ある♪」と思うだけです。

3. 大寝坊して、怒涛の着信履歴に血の気が引く体験をしたことが一度はある。

頭が真っ白になったかと思えば、妙に冷静になったりします。

4. 時間をうまく逆算できない。

時間があればあるだけゆっくり準備してしまうので、最終的に慌てます。むしろ、寝坊したときの方が間に合ったりします。

5. 「今、家出た」といいながら、まだ家で準備中。

気持ちだけが、家を出ています。

6. 「もうすぐ着く」が全然もうすぐじゃない。

5分くらいで着きそうな感じを出しながら、実際にはあと20分かかる地点にいたりします。

7. いつも、ほんの少し間に合わない

待ち合わせ時間ぴったりを目指すので、いつもほんのちょっとだけ遅れてしまいます。

8. むしろ、10分以内の遅刻は誤差の範囲内だと思っている節がある。

時間のとらえ方がザックリしてるんです。

9. 「ごめん俺も遅れる!」の一言に救われる

遅刻魔同士だと、「15分遅れる!」「私も20分遅れる!」なんていうやりとりはザラです。

10. 大遅刻をすると「次は絶対遅刻しない!」と反省する。

あきらかに信用を失うのを感じて落ち込みます…。人間だから、誰だって1度や2度は遅刻するもの。でも、遅刻はほどほどにしたいですね。

「このままじゃ遅刻!」 そんなときはどうすればいい?

下のCM動画では、遅刻しそうな主人公が、斜め上をいく行動でピンチを乗り切ります。はたして、それは…!?

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

その時に、手に取る一枚。オリックス銀行カードローンは、あなたの身近な助っ人です。

動画の女性はいったい何者? 詳細を知りたい方はオリックス銀行カードローンの特設サイトをチェックしてみてください