back to top

セックスに関するちょっとビックリする12のお話

ある意味、性に真面目で自由な人々。

1. 1960年代、当時のインドネシア大統領スカルノを脅迫しようとしたKGB。スカルノ大統領がモスクワ訪問中に、彼の滞在する部屋に売春婦を送り込み、性的行為を隠し撮りするというハニートラップをしかける。しかし、実際に脅迫しようと動画をスカルノ大統領に見せたところ、大喜びし国で待つ人々に見せたいからダビングしてくれと言い出した。

2. ガンズ・アンド・ローゼズのボーカル、アクセル・ローズは、バンドメンバーであるスティーヴン・アドラーの彼女であった当時19歳のエイドリアーナ・スミスと関係をもち、行為中の音声を録音。『Rocket Queen』の最終ミックスにこの音声を入れた。レコーディングでこれを知ったアドラーは、ビビりあがったという。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com
広告

3. サド・ロバーツ、NASAから月の石を盗んだ人物。事件当時は、ユタ大学の学生であり、NASAでインターンをしていた。盗んだ月の石をベッドに並べて、共犯の女性とその上で性行為におよんだ。

youtube.com, Dan Kitwood / Getty Images

FBIに捕らえられ、塀の向こうで6年を過ごしたのちに出所。事件後に、ゴロゴロと石の上でのセックスはやりにくくなかったのかと聞かれたロバーツは、こう答えた。「そりゃ、石がない方が快適。でも、快適でやりやすいとかいう話じゃないでしょ。表現の問題でしょう」

5. クリストファー・ミンツ=プラッセが、映画『スーパーバッド 童貞ウォーズ』に出演したのは17歳のとき。ゆえに、法的理由から、撮影に母親が帯同する必要があった。セックスシーン撮影の日も、母親は一緒。後に当時を振り返り、「いまだに、そのことが母親との会話にあがることはない」と語っている。

7. 2011年、フランスにて、ある女性が元夫を訴える。理由は婚姻期間中にセックスを拒否されたこと。セックスレスは21年間続き、裁判所の判決は、元夫に1万5000ドルの支払い命令。1年714ドルの計算。

Seb_ra / Getty Images

The Telegraphの報道によれば、フランスの民法215条において、夫婦は共同生活を営むべきであり、性生活もこれに含まれると言うのが裁判所の判断。

広告

8. 2001年、オーストラリアに住む、末期ガンの15歳少年、彼の最後の願いは童貞を卒業することだった。そこで、友人たちと彼を担当していた心理学者が一丸となって、彼を風俗へと連れていった。ちなみに、彼の両親はこの計画を一切知らされていなかった。

10. スウェーデンの自然史博物館には、世界で唯一のシロナガスクジラの剥製がある。かつて、来場者がクジラの中を見ることができるように、口は開いた状態だった。しかし、中で事に及んだカップルが発見されたため、クジラの口は閉じられることに。今では、特別イベントの時だけしか開かない。

11. 1955年から1965年まで、CIAは「Midnight Climax」と呼ばれる任務を遂行。これは、トップシークレットのマインドコントロールプロジェクトであり、売春婦を使い、男性を指定の部屋に招き入れ、LSDを与え性行為に及ぶよう促す。その様子をマジックミラーごしに観察するというものだった。

12. 2003年、ホリー・マリエ・アダムスは、一卵性双生児のレイモン&リチャード・ミラーと数時間をあけた同日に性行為を行った。彼女は妊娠し、父親はレイモンだと主張するも、レイモンはこれに抗議。親子鑑定が行われるも、レイモンとリチャードのどちらも99.9%父親だという結果がでてしまった。

Gopixa / Getty Images

裁判の結果、レイモンが父親という判決がくだり、彼は養育費を支払うよう言い渡された。しかし、彼は判決を不服とし、抗議を続けている。

この記事は英語から編集・翻訳されました。

Sponsored