『パラサイト 半地下の家族』に隠されていた細かすぎる設定 15選

    ネタバレを含みます!まだ観てない人は気をつけてね。

    🚨警告:この記事はネタバレを含みます!!🚨

    1. ポン・ジュノ監督とホン・ギョンピョ撮影監督は、「貧富の差」を視覚的にも表すため、ヨンギョ(裕福な家庭の母親)とムングァン(家政婦)との間にあえて線を入れて撮影している。

    CJ Entertainment

    2. パク家の本棚には、アルフレッド・ヒッチコックの作品が並んでいる。というのも、ポン・ジュノ監督いわくヒッチコックの作風が『パラサイト 半地下の家族』に影響を与えたから。

    CJ Entertainment

    3. 豪勢なパク家自宅をデザインしたのは「ナムグン」だと作中で語られている。この「ナムグン」はポン・ジュノ監督の別作品『スノーピアサー』に登場するキャラクターの名前。

    CJ Entertainment

    『スノーピアサー』の舞台となる列車のセキュリティを設計したのがナムグン。しかもナムグンを演じたのは、『パラサイト 半地下の家族』で主人公ギテクを演じたソン・ガンホという綿密な共通点がある。

    4. キム家の娘、ギジョンが偽装した卒業証明書は「延世大学校 」のもの。ポン・ジュノ監督は同大学の社会学科を卒業している。

    CJ Entertainment

    5. キム家が前半に飲んでいるのは比較的安価な発泡酒「 FiLite」。後半になると、高価なサッポロビールを飲んでいる。

    CJ Entertainment

    6. パク家の息子、ダソンが描いた「自画像」は、おそらく地下に住んでいたグンセを描いたもの。

    CJ Entertainment

    7. ムングァンが家政婦を解雇された時、ドンイク(裕福な家庭の父親)は「ムングァンは2人分の飯を食べる」と不満を漏らしていた。これは地下に隠れていたムングァンの夫、グンセに食べさせるためだった。

    CJ Entertainment

    8. キム家がパク家自宅に忍び込むシーンで、ジャーキーを持つギジョンの手が左手から右手に一瞬で切り替わっている。

    CJ Entertainment

    これは、ポン・ジュノ監督が観客の楽しみのために意図的に残しておいたものだと語っている。

    9. ギテクは過去に「台湾カステラ」の運営会社のドライバーをしたと話していたが、グンセはこの「台湾カステラ」の事業に失敗し、多額の借金を抱えていた。

    CJ Entertainment

    10. キム家の母親、チュンスクがパク家のソファーでまどろむシーン。この時に流れていた曲はジャンニ・モランディの「貴方にひざまづいて」。

    CJ Entertainment

    歌手、そして俳優でもあるジャンニ・モランディは1960年代、「貧富の差」をテーマにした喜劇作品にいくつか出演していた。

    11. 避難所で岩を抱きながら一夜を過ごしたギウ。翌朝のシーンになると、手にがついている。

    CJ Entertainment

    12. ダソンの部屋には、ギテクとドンイクが終盤のパーティーで身に付けるかぶり物がある。

    CJ Entertainment

    13. チュンスクが急いでパク家自宅を掃除するシーンで、慌てて自分の携帯電話も捨ててしまっている。

    CJ Entertainment

    14. 映画冒頭、ギテクが「便所コオロギ(カマドウマ)」を指で弾く。人の住居に住み着くこともある便所コオロギに、結局は自分がなるのだが…。

    CJ Entertainment

    15. 映画冒頭でギウの友人、ミンが岩のお守りを持って行ったとき「食べ物のほうがよかった」とチュンスクが言う。終盤、ギジョンが地下に食べ物を運ぼうとするが妨害され、ジウが岩を持って行ってしまう。これが全ての悲劇の元に。

    CJ Entertainment

    チュンスクは正しかった、「食べ物のほうがよかった」のだ。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:髙橋李佳子