back to top

イケメンいますよ。いま注目のクラシックのアーティストたち

要チェックや!

1. おカタいイメージのクラシック業界ですが、実はイケメンも多いんですよ…!

3. ノア・スチュワート

楽器:声楽 (テノール)

どんな音を奏でるか: 彼が歌うプッチーニの「ラ・ボエーム」の「冷たい手を」を聴いてみよう。

彼がクラシック的にホットな理由: スチュワートはどこをとっても最高だ。2012年には、デビューアルバム「Noah」がイギリスのクラシックチャートで1位に輝いた

4. レイ・チェン

楽器:バイオリン

どんな音を奏でるか:彼が演奏するブルッフのバイオリン協奏曲第1番ト短調を聴いてほしい。

彼がクラシック的にホットな理由:もしバイオリニストになっていなければ、外科医になっていただろうとチェンは言う。彼の「安定感に優れた手」がシーツの中でどう動くか見たいと思わないだろうか?

5. ステファン・ハウザー

楽器:チェロ

どんな音を奏でるか:彼が演奏するハイドンのチェロ協奏曲第1番を聴いてみよう。

彼がクラシック的にホットな理由:ハウザーは2Cellosのメンバーだ。カバーした"Smooth Criminal"のヒットは、ハウザーがクラシック界のチャーミングな問題児であることを物語っている。

6. ルカ・スーリッチ

楽器: チェロ

どんな音を奏でるか: ドビュッシーの「月の光」を聴いてみよう。

彼がクラシック的にホットな理由:2Cellosのもう1人のメンバーとして、スーリッチはまさに弓と一体となり、ポップソングのクラシックカバーを通して、楽しみながら新しいリスナーをクラシック音楽へと導いている。

7. ヨナス・カウフマン

楽器: 声楽 (テノール)

どんな音を奏でるか: 彼が歌うヴェルディのイル・トロヴァトーレの「見よ、あの恐ろしい炎を」を聴いてみよう。

彼がクラシック的にホットな理由:カウフマンにあの喉を大きく開く方法や、「大きく暗い音」の出し方を彼に教えたマイケル・ローズに感謝しよう。

8. アンドレアス・オッテンザマー

楽器:クラリネット

どんな音を奏でるか:彼が演奏するシューマンの3つのロマンスを聞いてほしい。

彼がクラシック的にホットな理由:洗練された男性が好みならオッテンザマーはあなたにピッタリだ。ガーシュイン、チマローザ、コープランドのエレクトリックミックスが彼のアルバムの特徴だ。

9. ディエゴ・マテウス

楽器:指揮

どんな指揮か:彼が振るプロコフィエフのロミオとジュリエットを見てみよう。

彼がクラシック的にホットな理由:マテウスは、小さな音にいつも耳を傾ける繊細な男だ。これは彼がオーケストラとは、1つの完全な社会のようなものだと考えているからだ。つまり、社会を機能させるには、全員が耳を澄まさないといけないのだ。

10. エド・ライオン

楽器:声楽 (テノール)

どんな音を奏でるか:彼が歌うラモーのピグマリオンを聴いてみよう。

彼がクラシック的にホットな理由:ライオンは、パーセルやラモー、ヘンデルなどが作曲したオペラを歌ってきた。バロックな気分になったら、彼がピッタリのアリアを歌ってくれるだろう。

11. ホアン・ファム

楽器: ピアノ

どんな音を奏でるか: 彼が演奏するベートーヴェンの悲愴ソナタを聴いてみよう。

彼がクラシック的にホットな理由:ファムは、自分の青っぽさをよく理解している男だ。修士号取得を喜びながら、彼はこう語っている。「音楽家は音楽家になるために教育を受けるのであって、お金を稼ぐためではない。それは残念なことだ。なぜなら、両方が一緒になって進んでいくべきだと考えるからだ」。

12. フィリップ・ジャルスキー

楽器:声楽 (カウンターテナー)

どんな音を奏でるか:彼が歌うヘンデルのセルセの「オンブラ・マイ・フ」を聴いてみよう。

彼がクラシック的にホットな理由:ジャルスキーは、カストラートの美しい高音を出しながらも、「去勢」をしていない。

13. フィリップ・クイント

楽器:バイオリン

どんな音を奏でるか:彼が演奏するシベリウスのバイオリン協奏曲ニ短調を聴いてみよう。

彼がクラシック的にホットな理由:クイントは、演奏時にいかに音楽に深く入り込むかを本当によく知っている。彼はこう語っている。「楽譜に書かれた音は、単なる音楽の表層でしかない。常により深く、深く音楽を追求すれば、素晴らしい音楽は必ず、単なる楽譜上の音楽よりもさらにその先へと行くチャンスを与えてくれるものだ」。

15. チャールズ・カストロノボ

楽器:声楽 (テノール)

どんな音を奏でるか:彼が歌うドニゼッティの「愛の妙薬」より「人知れぬ涙」を聴いてみよう。

彼がクラシック的にホットな理由:カストロノボは、どんな形式でもセレナーデを歌ってくれる。若い頃は、彼は3つのロックバンドに所属し、ロバート・プラントのように歌うことが夢だったという。

16. ヴィットリオ・グリゴーロ

楽器:声楽 (テノール)

どんな音を奏でるか:彼が歌うプッチーニの「トゥーランドット」よりの「誰も寝てはならぬ」を聴いてみよう。

彼がクラシック的にホットな理由:熱く、気取ったテノールが好きなら、グリゴーロはまさにそんな人だ。彼は音楽学校へ通うのもすっ飛ばしているが、その理由はただ「学校に行くにはうますぎる過ぎるから」だったという。

17. ファン・ディエゴ・フローレス

楽器:声楽 (テノール)

どんな音を奏でるか:彼が歌うドニゼッティの「連隊の娘」より「あぁ友よ、何と楽しい日!」を聴いてみよう。

彼がクラシック的にホットな理由:フローレスはセクシーな体をキープすることが、歌をより良くすることにもなると考えている。彼は「テニスやサッカーをたくさんすれば」より上手く歌えるように感じると語っている。

21. ラン・ラン

楽器:ピアノ

どんな音を奏でるか:彼が演奏するリストのピアノ協奏曲第1番変ホ長調を聴いてみよう。

彼がクラシック的にホットな理由:彼の演奏を聴けば、よくいる堅苦しい演奏者たちが全てクソみたいに思えるだろう。「揺れる体と波のようにうねる腕」が特徴のラン・ランは、ワイルドとしか言いようがない。

22. デイヴィッド・ギャレット

楽器:バイオリン

どんな音を奏でるか:ブラームスのバイオリン協奏曲二長調を聴いてみよう。

彼がクラシック的にホットな理由:素晴らしいバイオリニストであるだけではない。芝居の名人でもあるのだ! ギャレットは最近、「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」でニコロ・パガニーニを演じ、そのセクシーな一面を見せつけた。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss