Reporting To You X

「酒場って人が集う場所、人に逢いに行くところ」 『古典酒場』編集長に聞く、酒場が「生活必需の場」である理由

新型コロナウイルスの感染対策のため、居酒屋も休業や営業時間の短縮などの自粛を余儀なくされています。テイクアウトを始める店も増えましたが、それだけでは何か足りない。日本一酒場を呑み歩いてきた古典酒場編集長に、呑兵衛記者が人は何を求めて居酒屋に通うのか伺いました。

緊急事態宣言解除後のその先は? 「コロナと生きる」新しい生活を考える

緊急事態宣言が39県で解除され、継続となった都道府県も5月21日に再評価することになっています。解除後もウイルスは残り続ける中、私たちはどのようにウイルスと付き合っていけばいいのか。感染症対策のスペシャリスト、岡部信彦さんに伺いました。

「客もスタッフもマスク着用」「一卓ずつ開けて客と座る」 水商売の業界団体が営業再開のためのガイドライン作成

新型コロナへの集団感染のリスクがあるとして、早い段階から営業自粛を呼びかけられてきた「接客を伴う飲食店」。業界団体の「日本水商売協会」は、自粛明けをにらみ、感染防止のためのガイドラインを公表しました。

実際の感染者数を誰も答えることができない理由 立憲民主の福山議員の質疑を検証してみた

新型コロナウイルスについて、参議院予算委員会で立憲民主党の福山哲郎議員が行った質疑が医療関係者らから批判を受けています。何が問題だったのか。米国国立研究機関博士研究員の峰宗太郎氏の協力を得て、福山議員の質疑内容を検証しました。

それでもパチンコに行くのはなぜ? ギャンブル依存症の人が抱える不安とストレス

新型コロナで店舗の休業が続く中、休業要請に応じないパチンコ店に人が殺到することが非難されています。それでもなぜ行くのか? ギャンブル依存症問題を考える会がアンケートすると、不安やストレスの実態が明らかになりました。

実際のところ日本にどれぐらい感染者がいるの? 続々と出てくる抗体検査の結果の意味

感染した人の体内にできてウイルスと戦う「抗体」の有無を調べる「抗体検査」が広がり、日本でどれぐらい新型コロナウイルスが蔓延しているのか推定する調査の結果も続々と出てきています。検査の限界も含め、私たちはこのデータをどう捉えたらいいのか、複数の専門家の意見を聞きました。