地震や災害など!もしもの時に今用意しておきたい懐中電灯7選

    地震や災害など、非常時に用意しておきたい懐中電灯。複数の電池が1つの懐中電灯で使えたり、ビーム機能や防水機能を備えたモデルなど、実はかなり進化しています

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    1. 単一形から単四形電池まで、どれでも装填できる懐中電灯「電池がどれでもライト」。縦置きにも置けて、ランタンとしても使えます。

    2. 普段は廊下に取り付けてセンサーライトとして使える一石二鳥の懐中電灯!専用ホルダーで壁に取り付けられるから、もしもの時に収納場所がわからないということもありません。

    3. 照射距離約500m!照射範囲をズーム調節できる本格機能を搭載したライト。雨の日でも使える防水機能も備えています。

    4. Amazonで700円!1台は用意しておきたいコンパクトでスタンダードな懐中電灯。

    5. USBで充電できるLEDランタンは、懐中電灯としても使えるし、マグネット付きで便利。使わないときはコンパクトに収納できるのもポイント高い!

    6. 首にかけて使うタイプのLEDネックライトは、両手がフリーになるのが便利。ワイド照射で足元を明るく照らします。

    7. 充電式の強力LEDライト。最大約30時間の連続点灯が可能です!