• lifejp badge

20代で年間40万ポイント!「ポイ活」上級者に聞いたクレジットカードの上手な使い方

ひとり暮らしに役立つ情報を届ける特集「ひとり暮らしの神」。最近何かと話題の「ポイ活」ですが、効率よく貯めれば年間40万円以上貯めることもできるらしい!自身も楽天で働くポイ活熟練者に上手な貯め方聞きました!

今やキャッシュレスが当たり前の時代、色々なサービスがある中で賢く使いたいのが「ポイント」です。複数のサービスを組み合わせることで年間40万以上のポイントを貯めることも夢じゃないそう…!

そこで楽天ポイントを使いこなす「ポイ活の神」に、効率的な貯め方を聞きました!

20代で2年連続40万ポイント!どうやって貯めたの!?

Studiodash

お話を伺ったのは、楽天ペイメント株式会社の滝沢弥季(たきざわみき)さん。

年間40万ポイントを貯めるって、どれだけカードで買い物している人なんだ!!と思っていたのですが、滝沢さんは20代のひとり暮らし。

滝沢さんは楽天入社時に、楽天グループのサービスをよりよく知るために楽天カードを作って以来、楽天ポイントを貯める「ポイ活」にいそしんできたそう。

楽天ポイントは、楽天市場や楽天トラベルなど、楽天グループが展開するポイントサービスで1ポイント1円として使うことができます。つまり1年で40万円分の楽天ポイントがゲットできるってことなんです。

クレジットカードと関連したサービスを利用すべし!

楽天

「楽天ポイントを貯める上で一番重要なのは、楽天グループのサービスを使いまくるというところです。

例えば私の場合、現在ひとり暮らしをしているのですが、電気やガスなどのインフラ系から、モバイル、銀行や証券などの金融サービスに至るまで自分のライフスタイルにあった楽天グループのサービスを利用しています」

生活をする上で必要なサービスを1つのポイントプログラムに集約することで、効率的にポイントを貯められます。

サービスを併用することでポイントが貯めやすくなる!

楽天

楽天が展開するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」では、楽天グループの対象サービスの利用状況に応じて、楽天市場でのお買い物時に付与されるポイントの倍率がアップしていきます。

「例えば私の場合、毎月多くのサービスを利用しているので、SPUのポイント倍率は通常の12.5倍になります」

洗濯機などの大型家電も楽天市場で買う!

「実は私、2020年の7月に札幌に転勤になったんです。それまでは家族で暮らしていたので、その時が初めてのひとり暮らしだったんですが、家具、家電などの生活必需品はほとんど楽天市場で買いました」

楽天

初めてのひとり暮らしということもあり、当初は大型の家具や家電をインターネットで買うことに抵抗があったそうですが、実際買ってみたらなんの問題もなかったそう。

「そして、もちろんポイントも貯まります!例えば楽天市場で14万9800円のドラム式洗濯乾燥機を買った時は、1万6729ポイントを獲得できました。つまり実質13万3000円で購入できたということになります」

リアルの買い物でも「ポイント」を意識するべし!

ティッシュペーパーなどの日常雑貨や食材などは、インターネットではなく、リアルな店舗で購入する機会が多いですが、そんな時も「ポイ活」を忘れません。

「ドラッグストアなどリアル店舗で買い物する時に意識しているのが、キャッシュレス決済の楽天ペイが使える場所かどうか。なぜなら、楽天ペイ(アプリ決済)だと楽天ポイントを1ポイント1円で使うことができます。

楽天ポイントの中には、使用期限が短いものもあるので、失効する前に効率よく使うことも大事です」

ネットの買い物でポイントを貯めて、リアルな買い物でポイントを使うってめちゃくちゃ参考になります!

初めてクレジットカードを作るなら年会費無料がおすすめ!

楽天

「楽天カードにはいくつかのグレードがあります。初めて作るなら年会費無料の楽天カードがおすすめです。私自身、初めて作ったカードは年会費無料の楽天カードでした。

ただ、札幌でのひとり暮らしをきっかけに年会費1万1000円かかる楽天プレミアムカードに切り替えました。国内主要空港のラウンジが楽天プレミアムカードだと何回でも無料で使えるので、便利です。

ライフスタイルに合わせて、カードを変えるというのも選択肢のひとつです」

「ひとり暮らし」に役立つ情報を配信中!

特集「ひとり暮らしの神」

買ってよかった100均アイテム、使ってよかったネットサービス。

美味しかったものや、節約できるお得な知識。

おうちで過ごす時間が増えた今、些細だけれど、生活を豊かにする情報は、意外と気になったりする。

BuzzFeed Japanでは、そんな「神!」な情報を届ける特集「ひとり暮らしの神」を開始します。

それぞれが迎える「ひとり暮らし」が、少しでも「Better Life」になるようにーー。

👉ひとり暮らしに役立つ記事をチェックしてみる

Design by Emi Tulett / BuzzFeed