この冬絶対エバれる、最強ホームパーティー家電見つけた!分厚いステーキがもうスゴイの

    めちゃくちゃおいしいお肉が焼ける

    まずはドーン!!!!!厚さ4cmのビーフステーキです

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    めちゃくちゃ美味しそうですが、これを自分で焼く自信ない…。

    そもそもステーキって美味しく焼くのめちゃくちゃ難しくないですか?

    表面しっかり焼き目ついてるのに、中は生とかよくあるし、焼きすぎて固くなってしまって噛みきれないということもある。

    これがあれば美味しいステーキ焼けます

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    イタリアの家電メーカー、デロンギの新製品、食材を「挟んで」焼くホットプレート「マルチグリル」なら料理に自信のない人でも美味しいお肉が焼けます!

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    一般的なホットプレートは1枚の大きなプレートの上で、食材を加熱しますが、デロンギ マルチグリルには上下に2つのプレートがついています。

    2枚のプレートでフライパンとオーブンを兼ね備えた役割を果たし、特にお肉をめちゃくちゃ美味しく焼き上げます。

    まずはサイドから焼き上げる!

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    「肉レジェンド」としても知られるBistro Takeruオーナーシェフの宍倉たける氏は、ステーキはまず側面から焼くといいます。

    「側面に先に焼き目をつけておくことで、肉汁を閉じ込めます」

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    厚さ4cmのステーキならお肉を立てて、挟むことだってできます。

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    高温の240℃で1分→230℃で3分→120℃で6分

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    焼く温度や時間だって大事。

    最初に強火で肉の表面の水分を飛ばします。

    温度調整やタイマー機能があるので、細かい調整も自在。フライパンでこれを再現するのはほぼ無理です…。

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    みずみずしい赤身ステーキってなに!めちゃくちゃ美味しいんですけど!!

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    自分で焼いたステーキとの一番の違いは、水分の多さ。

    肉汁がしっかり閉じ込められているので、脂身の少ない赤身なので、プルプルしててジューシーなんです。

    もちろん豚だって美味しく焼ける!!

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    厚さ4cmの豚肉だって、美味しく焼けます。

    こちらも側面から先に焼いて、途中100℃で6分という時間を設けることで、焼き目はしっかりなのに、中までふっくら柔らかく仕上がります。

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    自分史上最高のポークステーキでした…。

    ホームパーティー好きにめちゃくちゃおすすめ!

    Natsuko Abe/BuzzFeed

    分厚いステーキだってプロ並みに仕上げるマルチグリル。

    ホットプレートのように使うこともできるし、上のプレートを浮かして使うことでグリルとしてピザなどを焼くことだってできます。

    シルバーのインパクトあるビジュアルで、ホームパーティーにオススメの調理家電です。

    発売は10月12日から。市場想定価格は39880円(税込)です。