スニーカーマニアの“タモさん”が愛用しているのはあの名品スニーカー

    さすがのセレクトだった。

    フリマアプリのメルカリが、博報堂生活総合研究所と共同で「フリマアプリ取引構造の実態分析」に関する調査結果を発表した。

    この調査は、さまざまな年齢・性別の利用者がいるメルカリにおいて、どのようにモノが循環しているのかを明らかにしたもの。メルカリの2019年取引データをもとに分析した。

    詳細はメルカリのプレスリリースを読んで。

    メルカリが発表したプレスリリースがよくできているので、詳細が気になる人はそっちを読んでほしい。どこの記事よりもわかりやすい。

    👇

    代わりに、ここではメルカリの“タモさん”について触れておきたい。

    メルカリの“タモさん”とは?

    現在、メルカリの日本事業を統括するのが、同社取締役メルカリジャパンCEOを務める田面木宏尚氏(たものき・ひろひさ)。

    大のスニーカーマニアで、社員からは「タモさん」の愛称で親しまれている。

    メルカリ内ではスニーカーも多く取引されていることがわかった今回の調査を受けて、「自分もスニーカーについてはルールがある」と語り始めた。

    メルカリ

    「一度に持てるスニーカーの数を決めておいて、1つ新しいものを買う場合は、1つ出品することをルールにしている。そうやって他の人に受け継がれていく楽しさがある」

    自分の中で「スタメン」のスニーカーを決め、新しくほしいものが出てきたら、「あれを売るかぁ…」と苦悩しながらも楽しんでいるという。

    普段からメルカリで売ることを前提に履いてるので「めっちゃきれいにしている」そうで、「物を大事にしようという気持ちはもともと強く持っている」と自負している。

    では、そんな“タモさん”のスタメンスニーカーは一体なんだろうか。気になったので聞いてみると…

    「いいんですか? マジレスしますよ」

    そう前置きし、勢いよく語り始めた。

    メルカリ

    「今日も履いていますが、ニューバランスがいま自分の中でマイブームで、993、992がスタメン。ニューバランスはもともと腰が悪い方向けのシューズとして開発されたので、非常にクッション性が高い。最近外で運動しなくなって足腰弱くなっているなと感じて、スタメンにしています」

    オンライン会見の画面ごしにちらりと見えたスニーカーはシックなベージュのニューバランスだった。

    メルカリ

    993と992はニューバランスを代表するモデルで、スニーカー好きからの評価も高い。タモさんの言う通り、クッション性能が良く足腰が疲れにくいことから、アパレル店員など立ち仕事の人にもファンが多いことで知られる。

    定価では2万円〜3万円くらいする高級モデルなので、メルカリで手に入れるのがいいかもしれない。