Updated on 2020年5月31日. Posted on 2020年5月22日

    リモートの仕事には有線イヤホンマイクのほうが良いかも

    バッテリー切れの心配がないし、片方だけなくすこともない。

    スマホはiPhone、パソコンはMacを使っているので、当然のようにイヤホンはAirPods(Proのほう)を使っています。Apple製品との連携はとても便利で、外を出歩くときに音楽を聴くならAirPodsで間違いない。

    でも仕事でリモートワークの機会が増えてきて、1日に何度もオンラインミーティングをやるとなると、一周回って「有線のイヤホンマイクのほうが便利なのでは…?」と思えてきました。

    そこで買ってみたのが、ソニーの「EXTRA BASS」という有線イヤホンマイク。

    3500円前後という買いやすい価格帯、音質に関する評価の高さからバランスの良い商品だと思います。

    さて、有線のほうがいいじゃんと思った理由はいくつかあります。

    1. バッテリー切れがない

    AirPodsのように無線のイヤホンマイクの場合、数時間でバッテリーが切れてしまいます。肝心なときに使えないのは困ります。

    有線であればバッテリー切れの心配はありません。連続して使えるのが魅力。

    2. 片方だけなくさない

    また、左右が分離している無線イヤホンは片方をなくすという危険性を孕んでいます。知り合いが何人かAirPodsを片方紛失していました。

    その点、有線は左右がケーブルでつながっているのでなくしにくいです。

    3. 値段が安い

    Yahoo! ショッピング

    さらに価格面でも有線のほうが安いです。

    同じソニーの完全ワイヤレスイヤホンはどんなに安くても1万円を越えてきます。

    4. 値段の割に音がいい

    音の良さというのは好みの問題ですが、一般的に有線のほうが無線に比べて同じ価格であれば音質が優れています。

    最近は無線接続が当たり前になりましたが、仕事においては有線も捨てがたい。1つは持っておくといいと思います。

    Yahoo!ショッピングでの購入はこちら

    Amazonでの購入はこちら

    ※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    ※記事内の商品・サービス情報は記事公開日時点のものになります。

    ※本記事はBuzzFeed Japan株式会社とYahoo! JAPANが共同で企画したものです。記事内の商材・施設・サービス選定や評価はBuzzFeed Japan株式会社の判断にもとづいています。

    ※記事内で使用している商材・施設・サービス等の画像は、施設・店舗様から画像・商材・サービスを購入、またはお借りしたうえで使用、撮影しています。