LINE「WAVE」を使ってみたが、買う価値はいまのところ感じない

    先行体験版とはいえね…

    LINEが発表したAI搭載スピーカー「WAVE」の先行体験版が届いた。価格は1万円。

    開封してみる。梱包はとても心地よい。

    サイズはこんな感じ。片手で持ち運べるサイズだ。

    電源アダプターをつないで使い始める。

    Clovaアプリをスマホにインストールして、そっちで設定を行うようだ。

    下の部分がぼんやりと光り出した!

    こんなことができるらしい。

    これを買った人はLINE MUSICのクーポンがプレゼントされる。送られてきたクーポンコードを入力したいのだが…。

    「お手続き用ページを表示」を押して入力画面に移動するが、そうするとさっきのクーポンコードは見られなくなる!

    しょうがないのでメモ帳にペンで書き留めた。

    クーポンコードはこれで間違いないはず。

    だが何度入れても弾かれる!

    先行体験版とはいえ現状では「使えない」。

    BuzzFeed編集部にはWAVEを買った人が他にもいた。使ってみた感想を言い合ってみると以下のようなものだった。

    「天気を聞くと、しばらくして電話の自動応答みたいな機械音声で返ってくる。外を見たほうが早い」
    「時間を聞いても答えが遅い。その間に時間進んじゃってる」
    「Bluetoothスピーカー単体としても音質が微妙」
    「もう電源入れていない」

    じゃあ良かったところは? 一致したのはこれだ。

    「梱包が良かった。開けるのが気持ちいい」

    しかし、WAVEの実力はこんなものではない(はずだ)。

    それでも先行体験版を使ってみたい人へ