「コンビニのカップ氷」でハイボールを作って飲むとむちゃくちゃ美味い説

    もうお店でハイボールは飲めない、かも…。

    私事ですが、一番好きなウィスキーの飲み方がこれ。

    narumi / BuzzFeed

    国産シングルモルト、白州をソーダで割って飲む。いわゆるハイボールだ。

    これは自分の感覚だが、ちゃんとしたバーで美味しい白州ハイボールを飲むとだいたい800円くらいはする。

    でも材料をコンビニで買って自分で作るとすごく安上がり。例えば白州の小瓶(180ml)は1300円、ソーダは1本100円、氷入りカップが100円。合計1500円くらいで6杯は飲める。

    しかも作ってすぐに飲むと、バーで飲むのと同じくらい美味しいのだ。これホントに。そして何人かで割って飲むとコスパも素晴らしい。

    では用意する材料、作り方を説明しよう。

    narumi / BuzzFeed

    最高なのがこれらがすべてコンビニで手に入ることだ。

    1.カップ入り氷: カップに入った状態のロックアイスが氷売り場に100円前後で売っている。これをグラス代わりにすると、氷もぎっしり入って冷えてるので完璧だ。

    2.ウィスキーの小瓶:もし山崎か白州があれば最高。どちらも1300円くらいで買える。なければ「知多」あたりがおすすめ。

    3.炭酸水(ソーダ):これはなんでもいい。写真にあるウィルキンソンでもいいし、各コンビニのプライベートブランド商品でもいい。

    作り方はすごく簡単。

    氷入りカップにウィスキーを入れてソーダで割るだけ。これで軽く混ぜて飲むと、もうむちゃくちゃ美味い。

    そのへんの居酒屋で飲んでるハイボールなんてまったく歯に立たないレベル。ちゃんとしたバーのハイボールの味にかなり近いのだ。

    narumi / BuzzFeed

    メーカーの専門家に聞いたところ、「贅沢ですね(笑) めっちゃいいんじゃないですか。おそらくカップと氷が最初からかなり冷えた状態です。ウィスキーを入れても氷があまり溶けないのがいいですね」などと好感触だった。