J-POP頻出単語を奪い合う「狩歌」(かるうた)がおもしろい! アラサー歓喜のパーティーゲーム

    音楽プレイヤー片手に盛り上がろう

    すごく楽しい「狩歌」というゲームを知っていますか?

    narumi / BuzzFeed / Via amzn.to

    ざっくり言うと、カルタのJ-POP版。「愛してる」とか「約束」とか「ふたり」とか、いかにもJ-POPの歌詞に出てきそうな言葉を取り合うゲームです。

    カードにはこんな言葉が書かれている

    narumi / BuzzFeed / Via amzn.to

    ルールは簡単。好きな音楽を再生して「曲の歌詞と同じカードをすばやく取る」。これだけ。

    この狩歌には基本セットとして、カード100枚が入っている。並べるとけっこうな分量になることに驚く。

    先日、何人かの同僚と合宿に行くことがあって、みんなで遊んでみたらかなり盛り上がった。

    narumi / BuzzFeed

    布団の上でいざ勝負!

    誰かのスマホで音楽をかけて、それをみんなで聞きながら、流れてきた言葉を場からどんどん取っていく。耳の良さと視野の広さ、そして反射神経がモノを言う。

    部屋に響くJ-POP。こんなに真剣に歌詞を聴くことがあったか…

    narumi / BuzzFeed

    さっき見かけた気がするのに見つからない。記憶力も問われるのだ。

    ああああああああああ!!!!!!!

    narumi / BuzzFeed

    こんな感じで取っていく。

    いかにもJ-POPな歌なら1曲でどんどんカードが減っていくし、逆に難解な歌詞が特徴の歌だと全然取れないこともある。選曲次第で盛り上がり感も変わっていく。

    各カードには点数が振られている

    narumi / BuzzFeed / Via amzn.to

    「この歌詞、別の曲でも聞いたことがあるな〜」感の強い言葉は点数が低い。だが3枚集めれば10点になる。

    レアな言葉は点数が高いので一発逆転を狙おう

    narumi / BuzzFeed / Via amzn.to

    出てきそうでなかなか登場しない言葉は逆転のチャンス。イントロの時点で的を絞っておくのも戦略だ。

    わかったこと

    amazon.co.jpアソシエイト / Via amzn.to

    ・最近の曲はオシャレな言葉を使っていて全然カードが取れない

    ・J-POP育ちのアラサーおよびアラフォーは90年代の曲を流しては懐かしがる

    ・昔の曲を知らない若者が反射神経と場所記憶にまかせて取りまくり圧勝

    ・このゲームすごく楽しいから絶対買うべき!Amazonで1900円です

    ※この記事から商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元される場合があります。