• medicaljp badge
Updated on 2019年7月23日. Posted on 2019年2月19日

救急医が当直室で看護師に繰り返し性行為 病院幹部「個人の問題」と報告せず

医師は「合意の上だった」と説明しているが、看護師側は「有力な政治家との関係を出され、断ればクビになると脅されていた」と証言している。

日本の災害医療の総本山、国立病院機構「災害医療センター」(宗田大院長)救命救急科の医師が、当直勤務中に院内の当直室で看護師に性行為を繰り返していた。看護師は「脅されていた」とBuzzFeedに証言している。

災害医療センターもこの事実を把握。医師は「合意の上だった」と説明しているが、看護師は警視庁立川警察署に告訴状を提出し、女性側の代理人弁護士によると、医師は今年1月8日、東京地方検察庁立川支部に強姦容疑で書類送検された。

Naoko Iwanaga / BuzzFeed

「求めを断れば、有力政治家とも知り合いの先生に手を回され、災害医療センターにいられなくなると思って抵抗できなかった」と話す女性

看護師はBuzzFeed Japan Medicalの取材に「医師が有力政治家との関係をちらつかせ、看護師をクビにする力があるとにおわせながら、当直室に呼び出して強制的に性交していた」と話している。

国立病院機構本部はBuzzFeed Japan Medicalの取材申し込みでこの案件を知り、2月14日に医師本人や救命救急センター長、看護部長、看護副部長二人、看護師長、副師長に聞き取り調査をした。

機構本部によると、医師は「合意の上の行為だった」と主張しているが、勤務時間中に複数回、当直室で性交したことは認めているという。

本部の指示を受け、院長は医師に自宅待機を命じた。院長を初めとする幹部は昨年7月からこの問題を把握していたが、「個人間の問題」として本部に報告していなかった。本部は、月内にも本人や病院幹部を処分する方針。

当直室に呼び出し、「有力政治家の名前を出して口止めしながら」性行為

告訴状や看護師の証言によると、看護師は医師が働いていた同センターの救急病棟に配属され、2011年頃から言葉を交わし、メールアドレスを交換した。

「勤務時間でなくても重症の患者さんをベッドサイドに診にきたり、看護師に対してもよく話を聞いて資料を出してくれたりする優しい先生だと思っていました。ただ、当時は研修医の女性医師と交際しているのを皆知っていたので、男性として見ることはありませんでした」

2014年6月中旬の午後10時頃、日勤の仕事を終えて帰ろうとしていた看護師は、医師からメールで「今すぐ話をしたいから当直室に来るように」と呼び出された。

「仕事の話なのだろうと思ったのですが、医師が当直で使うところなので、看護師の私が入ってもいいのかなと思いました。『人に見られないように入ってきて』と言われ、急いで入ると、電気がついていない中に医師が一人でいて『鍵を閉めて』と言われました」

「来ましたが何ですか?」と尋ねると、いきなり腕をつかまれてベッドに引き込まれ、押し倒された。

Naoko Iwanaga / BuzzFeed

日本の災害医療の総本山で、救命救急センターの医師が当直中に性行為をしていた

看護師が、突き放そうとしたが、続く医師の言葉で抵抗する気力を失った。

医師は有力政治家の名前を出しながら、「○○は私のいうことを何でも聞いてくれるから、どうにでもできるよ」「誰にも話してはいけません。話をすると他の人に知られる。ばれたらいけないよね」「クビになるんだぞ」などと言いながら服を剥ぎ取ったという。

看護師は言う。

「有力政治家と知り合いの先生の求めを拒否したら、今後、救命救急センターで働けなくなると思いました。ここで働き続けるためには受け入れざるを得ないのだと抵抗できなくなりました」

避妊もなしに性交された後、看護師は逃げるように帰宅した。

看護師は福知山線の脱線事故の様子を見て災害医療を志して看護師になった。

東日本大震災で東北の故郷も被災して災害医療に対する思いが強まり、日本DMAT(災害派遣医療チーム)の事務局もある災害医療の総本山である災害医療センターの救命救急科で働くことに誇りを持っていた。

この医師がDMATの責任者クラスである統括DMAT登録者であったことも、災害医療を志すこの看護師から、抵抗する気力を奪い取ったという。

「先生の気分を損ねて、災害医療センターで働けなくなるのは怖かったのです」

月1回のペースで当直室に呼び出し

その後、しばらくは何もなかったかのように振舞われていたが、しばらくすると、医師からメールで「元気?」「最近、元気ないね」と連絡が来るようになった。職場で二人きりになると、「あの時、どうだった?」「また、どう?」と誘われるようにもなった。

Naoko Iwanaga / BuzzFeed

災害医療センターの救命救急センター。患者の受け入れ要請の電話にも応じながら、当直室で行為を重ねていた

「離れていても、こちらを見ているのがわかるようになり、周りに気づかれたらどうしようと不安でした。そして、『今は空いているよ』『今日はどう?』と月1回ぐらいのペースで当直室に呼ばれるようになりました」

「有力政治家の名前を出しては、『セックスフレンドの契約』まで結ばされ、『呼び出しがあったらいかなければならない』ということをルールにされました。職場に気づかれたらもうここでは働けなくなると不安でいっぱいでした」

「時には消防からの救急受け入れ要請の電話に出ながら行為を続行していたこともありました。私の上に乗りながら、研修医らに連絡を取り、『あと何分で行くから』と言いながら、救急車が到着する時間まで続けることもありました」

その後、看護師は他の男性と交際するようになり、「彼氏ができたからやめたい」と告げると、いったんは関係が途切れた。

ところが、また「忘れられない」「やりたい」とメールがくるようになる。反応しないようにしていると、今度は職場での指示の確認を無視されたり、患者の採血の時にわざと手元を凝視して集中できなくさせたりして、仕事で露骨に嫌がらせをするようになった。

2016年ぐらいから、求めに抵抗しきれずに再び関係が続いた。

昨年になってから知人に相談にのってもらい、2018年7月19日に病院に付き添ってもらって、副看護部長や看護師長、管理課長と面談した。

医師にされたことを話し、「もうこれ以上ここで働けない」と伝えたところ、後から入って来た医師が皆の前で土下座をして、「彼女が辞めるなら僕もやめます」と謝罪したという。

看護師は同日付で退職し、刑事告訴も検討していることを面談した病院幹部らに告げた。

国立病院機構本部によると、同日夕方、この面談の内容は院長、副院長、看護部長、事務部長に報告されたが、「個人間の問題」としてそれ以上の調査はなされなかった。医師はその後も通常通り勤務し続け、院内でも責任を問われることはなかった。

事情聴取、現場検証があっても病院は「痴情のもつれ」と判断

看護師は昨年10月に、警視庁立川警察署に強制性交容疑で告訴状を提出。医師は2回事情聴取を受け、11月には病院当直室で現場検証も行われた。今年1月8日には、医師は東京地検立川支部に強姦容疑で書類送検された。

医師は勤務時間中、院内の宿直室で複数回性行為をしたことを認めた上で、「数年にわたりおつきあいし、強制ではなく合意の上での関係だった」と主張している。また、告訴事実となっている2014年6月中旬の最初の性交の時間については、「患者対応をしていた」とカルテの記録を見せているという。

機構本部がヒアリングした他の管理職員は「そのような関係だと全く知らなかった」「医師は普段はおとなしく、セクハラやパワハラをするようなタイプの人ではないと思っていた」と話している。

医師の行為について本部の木村晴行内部統制・監査部長は、医師の行為が、国立病院機構職員就業規則13条の「職務に専念する義務(勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職務遂行のために用い、国立病院機構がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければいけない)」に抵触する可能性が高いとした上でこう話す。

「こういうことが起きるのは初めてなので正直言って驚いている。勤務中に性交するなんてあるまじき行為であり、医師の主張通り、患者に迷惑をかけていないとしても厳正に処分する」

また、7月19日の当事者二人との面談に同席した副看護部長と管理課長は、病院職員のセクハラ、パワハラの訴えの窓口となる「ハラスメント相談員」も兼務していた。

こうした役割を与えられながら、その後、当事者の聞き取り調査もせず、医師はそのまま注意も受けないまま通常通りの勤務を続けていた。報告を受けた病院幹部も含め「個人間の問題」として放置していたことについて、本部の木村統制・監査部長はこう語る。

「普通は双方から事情を聞くと思うがそれもせず、上部の組織に報告も上げられていなかった。病院側もこの問題を放置したことは好ましくない。管理監督責任も私はあると思うし、本部の調査内容を踏まえて処分も検討されると思います」

BuzzFeed Japan Medicalはこの救命救急医に話を聞こうと自宅を二度訪ね、手紙も残したが、20日現在、反応はない。

諦めた災害医療の夢 「二度とこんなことが起きないように」

看護師はその後、東北の実家に帰り、近くのクリニックで働いている。

「正直、医師との関係が切れたことだけでもホッとしました。あの関係が続いていた時はずっとビクビクしていましたから。災害医療にもっと関わりたかったし、悔しい思いもありますが、もう諦めました」

災害医療センターでは、司法の判断を受けて再発防止策も検討するとしているが、現在でも病院職員による「ハラスメント相談員」や、内部通報制度を設けている。ただ、制度はあっても、今回の事案では機能していなかった。

「私だけではなく、他の看護師も似たような『被害』を受けていたと後から聞きました。患者さんをケアすることに集中すべき私たちが安心して働けない職場環境は問題がありますし、その後も新たな被害者が出たかもしれません。医師にきちんと責任をとってもらうのはもちろんですが、二度とこんなことが起きないような対策を願っています」



Contact Naoko Iwanaga at naoko.iwanaga@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here