• medicaljp badge

長引く痛みについて適切に知って 慢性痛の専門家がYouTubeで毎週「痛み塾」をアップ

長引く痛みは身体の要因だけでなく、心理的、社会的な要因も複雑に絡んで対処が難しいことがあります。30年以上患者を診てきた専門医が、毎週わかりやすい解説動画をアップし始めました。

長引く痛みは、身体に苦痛をもたらすだけでなく心の健康も削り取り、生活の質を大幅に低めてしまう。そして、痛みの原因は、心理的、社会的な要因も複雑に絡んでくる。治療がしにくいのもそのためだ。

そんな慢性痛について適切に理解してもらおうと、横浜市立大学附属市民総合医療センター ペインクリニック内科診療部長で公認心理師でもある北原雅樹さんが「慢性の痛み講座 北原先生の痛み塾」を毎週水曜日に公開している。

YouTubeでこの動画を見る

youtube.com

北原さんが毎週水曜日に新作をアップしている「北原先生の痛み塾」

長引く痛みを訴える患者を30年以上診てきた北原さんは、「生活習慣を変えることで多くの場合、生活に支障のない程度まで良くすることができます。少しでも多くの方にちゃんとした慢性痛の情報を知ってほしい」と語りかけている。

毎週水曜日に新作をアップ 視聴者の質問も取り入れる予定

そもそも慢性の痛みとはどういうものなのだろうか?

「慢性痛の定義は現在は『3か月以上続く痛み』とごく簡単になっています。色々条件を付けるとかえってややこしくなるからです。原因は多くの場合がよくわかりません。一方で、多くの場合が生活習慣と密接な関連があります。生活習慣病といっても良いでしょう」

原因がわからないということは、特効薬を飲めばパッと治るという性質のものではない。

「特効薬はなく、生活習慣の改善、運動療法、心理療法などを中心として、補助的に薬物療法やその他の療法(神経ブロック療法など)を用います」

医療機関にかかってもなかなか治らず、不信感が募ると、次々にかかる医者を変えるドクターショッピングを繰り返すことも多い。

「最大の理由は、医療者も患者家族も慢性痛についての十分な知識・情報を持っていないからでしょう。だから、少しでも多くの方にちゃんとした慢性痛の情報を知ってほしいのです」

この動画は、そんな狙いから、神奈川県の2018年度大学発・政策提案事業に採択された「神奈川県における慢性痛対策としての啓発活動」の一貫として配信することを決めた。新型コロナウイルスの影響で、講演会や研修会が開けなくなったためだ。

医療者や一般市民を対象として行う講習会の内容をビデオ撮りして、ユーチューブにアップする。

今のところ、1回 3~10分程度で全30回公開することが目標だ。慢性痛についての解説から、様々な治療法、よくある誤解まで、視聴者のコメントや質問も取り入れながら、幅広く届ける予定だ。

「急性の痛みと慢性の痛みとの違い」「痛みの要因は?」「痛みの軽減が治療の第一目標ではない」など、イラストも交えて驚くような事実がわかりやすく語られる。

慢性痛の患者は約2000万人、十数兆円の損失

慢性の痛みに悩まされている人は実はとても多い。

「およそ2000万人とされていますが、実際に医療行為を受けている人はその3分の1程度だろうと推測されています。働けなくなったりする社会的影響として、数兆円~十数兆円程度の損失があると計算されています。慢性の痛みを放置しているのは社会的な問題です」

北原雅樹さん提供

「生活習慣を変えることで、日常生活に支障をきたさない程度にまで良くなる」と話す北原さん

この動画が適切な理解につながり、良い影響が出ることを期待する。

「動画での啓発によって、患者・家族が救われるだけでなく、慢性痛患者にどう対処してよいか解らない多くの良心的な医療者も楽になると思われます。さらに、医療費の有効利用も行え、さらには慢性痛による経済的損失も大きく減る可能性があります」

困るのは、こうした症状のある患者がどこに行けば適切な医療が受けられるのかがわからないことだ。

「 慢性痛をしっかりと診療できる医療者の数は極めて限られています。厚労省研究班参加の医療機関ならほぼ間違いはありませんが、それ以外にもしっかりとやっている医療者の方は多くいます」

「やはり、患者・家族側がある程度以上の知識をもって、医療者を『見分ける』必要があると思います」

その見分ける目を持ってもらうためにも、動画を活用してほしい。そして、今、慢性の痛みに苦しんでいる人にこう呼びかける。

「慢性痛の多くは生活習慣と深い関係があります。したがって特効薬はありませんし、痛みを完全に治すこともまずできません。一方で、生活習慣を変えることで多くの場合、生活に支障のない程度まで良くすることができます。ぜひ今後も公開していく動画を参考になさってみてください」

【北原雅樹(きたはら・まさき)】 横浜市立大学附属市民総合医療センター ペインクリニック内科 診療部長・診療教授、公認心理師

1987年3月、 東京大学医学部卒業。帝京大学医学部附属市原病院麻酔科、同大帝医学部附属溝口病院麻酔科助手を経て、1991年〜96年米国留学(Resident of Anesthesiology, University of Washington Medical Center、Senior Fellow of Clinical Pain Service, University ofWashington Medical Center)。

1996年8月に帰国後、帝京大学医学部附属溝口病院、2006年7月、 東京慈恵会医科大学ペインクリニック診療部長、2009年4月、 東京慈恵会医科大学ペインクリニック診療部長、麻酔科准教授を経て、16年4月 横浜市立大学附属市民総合医療センター麻酔科特任教授(兼任)。17年4月、 横浜市立大学医学部麻酔科学講座准教授(ペインクリニック担当)、20年4月より現職。

世界で初めて設立された痛み治療センター、ワシントン州立ワシントン大学ペインセンターで慢性痛診療について学ぶ。専門は、通常の治療法では効果が少ない難治性慢性痛で、精神科医、看護師、公認心理師、理学療法士、作業療法士、鍼灸師などとのチーム医療で診療にあたる。

Contact Naoko Iwanaga at naoko.iwanaga@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here