• factcheckjp badge
  • medicaljp badge
2018年12月27日

15分ごとに水をゴクゴク 風邪予防になるの?

マスク、うがい液、ビタミンC...本当に風邪予防になるの?

先日、こんなツイートがTwitterでバズっているのを見かけました(現在は削除)。

削除済みなので名前は伏せます

ツイート主は海外在住の一般人のようですが、15分ごとに水やお茶を飲むことで風邪が予防できるとする内容です。これを実行してから2年近く一度も風邪をひいていないとのこと。私が見た時には10万リツイート以上拡散されていました。

Gyro / Getty Images

「喉についたウイルスや菌を胃に流し込めば死滅する」という理屈はもっともらしく聞こえますが、病原体は鼻など他のところからも入るのでは? 15分という数字に根拠はあるのか?など、いろいろな疑問が湧いてきます。

感染症に詳しい国立国際医療研究センター、総合感染症科長の大曲貴夫さんに、この水ゴクゴクはもちろん、うがい、手洗い、マスクなど風邪予防に良いとされているものは実際どうなのか伺いました。

そもそも感染って? 「喉についてから15分」根拠あり?

そもそも「感染」とはどんな状態を指すのでしょうか。

「ウイルスや細菌、寄生虫など、病気を引き起こす小さな生き物が体に侵入して、症状を引き起こす状態になっていることを感染といい、その病気のことを感染症と言います。ウイルスや細菌が体内に入っても症状が現れない場合がありますが、これは体の抵抗力が感染を防いでいるからです」

風邪の原因となるのはほとんどがウイルスですが、15分ごとの水ゴクゴクで風邪は防げるものなのでしょうか?

「ウイルスは喉から気管に入るだけではなく、目や鼻や頰の内側の粘膜からくっついて入ると言われています。また、くっついた瞬間に体内に入り込んでいくものなのか、時間をかけてじわじわ入っていくものなのか、感染のメカニズムはわかっていません。15分という時間には根拠はないと思います」

喉についたウイルスや菌が水で消化管に流され、胃に入ると死ぬ、という説明は感染症の専門家から見てどうなのでしょう。

「胃酸に触れればウイルスや菌は死ぬでしょうから、それなりに筋の通った話に見えるのが困ったところですね。目や鼻など他の粘膜からも体内に侵入しますから、口から水を喉に流しただけでは感染は防ぎきれないというのが正確な評価でしょう」

「さらに、15分ごとに飲むのはなかなか忙しそうです。止めはしませんが、こういう情報が流れると、やり過ぎになる人がいて、あまり飲みすぎると電解質のバランスが崩れて、体内の塩分濃度が低くなる低ナトリウム血症になるのは避けてほしいところです」

で、このツイートは正しいの?

何となく歯切れが悪い大曲さんの説明。結局、「水ゴクゴクでは風邪は予防できない」とは言い切れないものなんですか?

「飲んで流すことがいいのか悪いのかはそんな研究も見当たらないので何とも言えませんが、一つ気になるのはこの人が風邪をひかないのは、水を飲んだことだけが理由かということです」

それはどういう意味でしょう?

「水を15分おきに飲む努力ができる人ですから、他のことでも健康に気をつけて頑張っているんじゃないかなと思うんです。風邪にかかった時、みなさん大抵、思い当たる節が頭に浮かびますよね?」

確かに、寝冷えしちゃったとか、過労気味だったとか、睡眠不足だったなとか、ろくなもの食べていなかったなとか、万年運動不足ですみませんとか色々思い浮かびます。

「経験的に、そういった原因で全身が弱まっている時に風邪はひきやすくなります。風邪をひかないように水分をこまめに取る努力ができる人は、食や睡眠や疲れについてもそれぐらい健康に気遣った生活を送っている可能性が高いです。水だけで風邪を防いだかどうかはわからないと思います」

なるほど。

「このツイートを見た人が、他の日常生活に全く気を遣っていないのに水をこまめに飲んだとしてもおそらく風邪は予防できないでしょうね」

ついでに聞いた 風邪予防のために湿度は? 鼻うがいは?

このツイートの評価はわかりました。

ついでに、風邪予防のために役立つと言われるあれこれはどうなのかも聞いてみます。

まず、乾燥を避ける、というのはどうなのでしょう。

喉を痛めないように乾燥する冬に加湿器を使う人も多く、弊社でも来年加湿器が導入される予定です。風邪予防のために、寝る時に水に濡らした「濡れマスク」を着用する人もいますね。

「以前、『冬は乾燥するからインフルエンザにかかりやすくなると言われますが、熱帯で湿度が高い夏にインフルエンザが流行るのはどうしてですか?』と鋭い質問を受けたことがあります。確かにタイなどでは7月がインフルエンザのピークなんですよね」

いきなり衝撃の回答です。

「乾燥すると確かに粘膜は荒れやすくなりますし、エアコンの人工的な空気で鼻や喉の粘膜を痛めることはありますね。ただ、湿度があるからと言って、ウイルスに感染しにくくなるということは明らかになっていません」

では年配の人がやっている「鼻うがい」はどうなのでしょう? 鼻から水を吸い込んで、口や鼻の穴から出すというなかなかハードな予防法。あれは、粘膜についたウイルスや菌を洗い流す意味もありそうな気がしますが。

「アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の人は溜まった鼻水や鼻づまりを流すことができてスッキリする効果はあるでしょうけれども、逆にあれで鼻の粘膜を痛めて副鼻腔炎になった人もいるんです。根拠はないと思います」

冬になると寒いのに乾布摩擦をやったり、「子どもは風の子」と言って薄着をさせる親御さんもいたりしますね。

「あははは! 寒い時は暖かくした方がいいんじゃないでしょうか?」と大曲さんは大笑いしながらバッサリでした。

伝統の手洗い、うがいはどうか?

ならば、伝統の手洗い、うがいならどうでしょうか?  物心ついた時から、「外から帰ったらまず手洗い、うがい」を家庭でも学校でも躾けられてきた身からすると、これが否定されたら何を信じていいのかわからなくなります。

Naoko Iwanaga / BuzzFeed

「手洗いはしっかりやらないと意味がありません」と話す大曲貴夫さん

「手についたウイルスを口や目の粘膜から取り込んでしまう可能性がありますから、手洗いはきちんとやれば効果的だと思います。ただ、手についたウイルスや菌を洗い落とすには、石けんで30秒程度、手指の間や爪の間などをしっかり洗い、両手を満遍なくもみ洗いすることが必要です。水でさっと洗うだけではあまり意味がないでしょう。アルコールで手指を消毒することも役立ちます」

「15秒間3回続けてうがいをし、1日3回以上行う場合は、しない場合と比べて風邪の発症頻度は低いという研究結果が出ています。また、この研究ではイソジンなどに代表されるポビドンヨードのうがい液を使った場合と、普通の水を使った場合を比較していますが、水の方が発症頻度は低くなりました。水でいいということですね」

予防手段としての日常的なマスク着用は?

冬になると、「予防のため」としてマスクをつける人が目立ちますが、これはどうなのでしょうか?

Karinsasaki / Getty Images

日常的にマスクをつけることは風邪予防に効果がなさそう

「結論から言いますと、日常的にマスクをつけることの感染予防効果は明らかになっていないようです。風邪症状にしてもインフルエンザにしても、日常的なマスク着用で減らすことができたという報告は国内外でありません」

「米国疾病予防管理センター(CDC)も、インフルエンザ予防のためのガイドラインで、インフルエンザ流行期での家や公共施設でのマスク着用を推奨していません。ただ、妊婦や感染しやすい人に関しては混雑した場所ではつけてもいいとしています」

人にうつさないためにつけるのには効果があるようですが、人からうつされるのを避けるために日常的にずっとマスクを着用することは意味がなさそうです。

「ちなみに、医療機関で、日常的に病原体にさらされやすい医療従事者が、発症している患者さんからの感染を防ぐためにマスクをすることは効果があります。我々が診療中にマスクをしているのはそのためです」

風邪を予防する食品は? 結局は体調を整えることがベスト

では、風邪を予防するには手洗い、うがいしかないものなのでしょうか? 食べ物はどうでしょう?

「亜鉛が風邪の予防や症状の短縮に有効だという複数の研究を総合的に判断した研究があります。亜鉛は牡蠣や牛肉、豚レバーなどに多いですね」

「また、風邪予防にビタミンCを勧める人も多いですけれども、世界中の医学論文を総合的に評価する民間の非営利組織コクランのレビューを見ても、普通の人がビタミンCのサプリメントを摂取しても風邪を予防する効果はないことが明らかになっています」

「ただし、マラソンなど激しい運動をする人はビタミンCで風邪のリスクが半減したということも報告され、有効である可能性があります。実は私も運動した後にビタミンCを摂っています」

総合すると、うがいや手洗いをしっかりやりつつ、もし可能なら、亜鉛の入った食品も意識して摂っておくぐらいがいいということでしょうか?

「結局、何かを徹底するというよりも、全身の健康状態を整えておくことが一番予防への近道だと思います。全身が弱まると、代謝も抵抗力も落ち、感染しやすい状態になりますので。月並みですが、十分な休養や睡眠、バランス良く栄養を取り、ストレスを溜めないことを意識して過ごすことが一番ではないでしょうか」

Contact Naoko Iwanaga at naoko.iwanaga@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here