• covid19jp badge
  • medicaljp badge

【独自】藤田医科大学 救急病院の開院前に新型コロナ感染者を受け入れへ

愛知県の藤田医科大学は、4月に新設予定の岡崎医療センターの開院前に、新型コロナウイルスの感染者を受け入れることを決めました。厚生労働省の要請を受けて、国の危機回避のために民間病院が全面的に協力する形だ。

藤田医科大学などを経営する「学校法人藤田学園(愛知県豊明市、星長清隆理事長)」は、4月にオープン予定の救急病院「藤田医科大学岡崎医療センター」(愛知県岡崎市針崎町、守瀬善一院長が就任予定)の開院前に、新型コロナウイルス (COVID-19)の感染者を受け入れることを決めた。

藤田医科大学岡崎医療センター

開院を前倒しして、新型コロナウイルスの感染者受け入れを決めた藤田医科大学岡崎医療センター完成予定図(ウェブサイトより)

厚生労働省の要請を受けて決断したという。

誰からうつったのか感染のつながりが追えないヒトーヒト感染が国内でも広がる中、感染者を国内でなるべく広げないように、入院先・隔離先の確保が課題となっている。

国の重大な危機を回避するのために、民間病院が全面的に協力する英断をした形だ。

一般病床400床 厚労省からの要請で受け入れ決定

同法人によると、同大学岡崎医療センターは、JR岡崎駅南西の土地に建設され、一般病床400床を持ち、重症患者まで24時間体制で受け入れる二次救急医療を提供する予定の救急病院。

建物は既に完成し、1月31日に引き渡しが済んでいる。

今回、検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」で集団感染が起き、2月16日現在で既に355人の感染が確認されている。多数の感染者の受け入れ先の確保が喫緊の課題となっていた。

開院予定の岡崎医療センターは、救急対応できる400床が丸々空いており、入院患者に感染させる心配もない状態であることが注目された。

厚労省は藤田医科大学に開院前に、感染者を受け入れられないか要請し、同大学の執行部が週末に協議して受け入れを決めたという。

同大学によると、正式な開院は予定通り4月1日だが、その前に特例として新型コロナウイルスの感染者だけに病床を開放して、受け入れる形を取る。どこまでの医療を提供するかは、今後厚労省と協議しながら決めていくという。

今後、近隣住民などに説明会を開き、理解を求めることも検討するという。

UPDATE

一部表現を改めました。正式な開院は4月1日ですが、特例として新型コロナウイルスの感染者だけに、病床を前倒しして開放するということです。


Contact Naoko Iwanaga at naoko.iwanaga@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here