こんなに面白いボードゲームがあったなんて…!海外の陣取りゲーム「ブロックス」何回やっても飽きないんです!

    フランス発祥のボードゲーム「Blokus(ブロックス)」が飽きない面白さでした!いろんな形のピースを繋げる、陣取りゲームです。戦略を立てながら、競い合うのがむっちゃ楽しい〜!

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    家での暇つぶしに買った「ボードゲーム」が面白かった!

    Nagisa Nakamura / BuzzFeed

    それがこの「Blokus(ブロックス)」という陣取りゲーム。

    フランスの会社が考案したボードゲームなんだとか。

    中には、4色のブロックと白いボード、説明書が入っています

    Nagisa Nakamura / BuzzFeed

    赤・青・黄・緑の4種類のピースと、20×20マスのボードが入っています。

    簡単にルールを説明しますね。ボードの隅からピースを置き始めて、持ち手のピースを繋げていきます。

    Nagisa Nakamura / BuzzFeed

    大事なのがピースの“角と角”でしか繋げないこと。自分のピースは辺同士で合わせて置けないんです!

    Nagisa Nakamura / BuzzFeed

    このルールがあるから、ゲームが面白くなります…!

    そして、全21個のピースをよりたくさん置けた人が勝ち!

    Nagisa Nakamura / BuzzFeed

    ピースの種類はさまざま。1マスから5マスの大きさまであって、形も複雑だったり直線だったりします。

    全部置き切るのは結構難しいです…!

    実際に遊んでみましょう〜!

    Nagisa Nakamura / BuzzFeed

    「ブロックス」は2人〜4人で遊べる仕様になっています。

    個人的に人数が多くなるほど面白いので、4人で遊ぶことに。

    それぞれ選んだピースを隅っこに置いて、スタートっ!

    序盤の5ターン目で、プレイヤー同士が近づき始めました…!

    Nagisa Nakamura / BuzzFeed

    他のプレイヤーのピースは隣同士で置けます。

    なので…

    他のプレイヤーが入れないように妨害したり、

    いらすとや

    ピースの間をすり抜けて、他のプレイヤーの陣地に侵入したりして置ける場所を増やします!

    いらすとや

    一箇所に集中すると置けなくなることも!プレイヤー同士の戦略勝負が醍醐味なんですよね〜!

    いらすとや

    「ここ置けるようにしなきゃな…」「ここは行かせないぜ!」という気持ちになってますw

    戦略を立てながら、プレイヤー同士で攻防戦をするのが楽しいです。

    説明しているうちに、終盤に。持ちピースをいかに埋めていくかが鍵になります

    Nagisa Nakamura / BuzzFeed

    置ける場所が限られてくるので、運を頼りに進めていくのも面白いです!

    結果はこちら。持ち手がなくなった黄色が優勝しました!

    いらすとや

    4位の青色は6ピースも余ってましたw

    置く場所だけじゃなくて、ピースの形や向きも大事。

    置き方次第で何通りものゲーム展開があって、何回やっても飽きないんです!

    「もう一回やろ」ってなるゲーム。

    Nagisa Nakamura / BuzzFeed

    定番のベーシック型のボードを選んで、お値段は1955円でした。

    「ブロックス」はAmazonや玩具量販店などで販売しています。

    家族や友人同士で盛り上がれるので、買ってよかった〜!

    楽しさ ★★★☆☆

    飽きない度 ★★★★★

    コスパ ★★★☆☆

    暇つぶしアイテムといえば、ダイソーのプチブロックもおすすめです〜!

    BuzzFeed

    お値段は110円。

    乗り物や動物などいろんな種類のブロックが揃っています。

    やりごたえがすごいです…!

    BuzzFeed

    想像以上にブロックが細かく、組み立て工程も“マジ”すぎる…。

    子供用だと見くびってたけど、大人も楽しめます!

    楽しさ ★★★★☆

    飽きない度 ★★★★☆

    コスパ ★★★★★

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。