「出会えたことに感謝」人生を変えてくれた最高の教師と私の実体験

    素晴らしい先生との出会いは、人生の財産です。教師との忘れられないエピソードをまとめました。

    せんせい、ありがと。

    学生時代に素晴らしい先生と出会えるかどうかは、その後の人生に大きなを影響与えます。

    今回は、世界のBuzzFeed読者に「人生を変えてくれた先生」について語ってもらいました。

    1. 話を聞いてくれた先生

    高校の現代文の先生が、希望者には大学入学用の作文の補習をやると言っていたのに、なんと手を挙げたのは私だけ。

    Zoomを使って作文の添削をしてもらいつつ、補習時間のほとんどは雑談についやしていました。人生相談からテイラー・スウィフトまで、とにかくいろんなおしゃべりをしました。

    私にはそれまで、いいとか悪いとかを決めつけずに、ただいろんな話ができる・聞いてくれる存在がいなかったので、作文添削最後の日、これで終わると思うとすごく悲しかったです。

    実際「補習」は終わらず、大学に作文を提出した後も、先生とのおしゃべり時間は続きました。大学の入試面接に向けても、先生がいちばん応援してくれました。

    不合格とわかった時は、先生も泣いてくれました。何より嬉しかったのは、いつもどんな時も、私を否定せず認めてくれたこと。第2の母のような存在となった先生とは、今でも連絡をとりあっています。

    現代文の先生、そして先生のような先生たち、ありがとう!

    —themagicwemade

    2. 本当に困っていた時、助けてくれた先生

    うちはいわゆる貧困家庭です。私は学力の高さが認められ、中学校はギフテッド教育を受けるため、校区外の学校に通っていました。

    そこの生徒はほとんどが中産階級から上流関係の家庭の子どもたちで、私はいじめにあいました。安っぽいメガネも、古着も、うまく馴染めない性格も、とにかくすべてがいじめの対象でした。

    ある日の体育の時間、メガネを割ってしまいパニックになりました。親に怒られるのはもちろんですが、うちに新しいメガネを買う余裕がないこともわかっていましたから。

    すると、スクールカウンセラーの先生が、学校を抜け出し、親には内緒で私をメガネ屋さんに連れて行ってくれたんです。

    私が持っていたメガネとなるべく似ているものを選んでくれました。メガネ代は先生がだしてくれました。

    私はこのことを一生忘れないと思います。今、思い出しただけでも涙がでてきます。あの日、先生がしてくれたことは、いろんな意味で私を救ってくれました。

    —amandamanderss

    3. 新しい環境で助けてくれた先生

    1988年、家族でアメリカに移住してきました。その時出会った先生が、今も忘れられない人生最高の先生です。

    英語が上手く話せない私はいじめにあっていましたが、先生はそんな私に気づき、勉強や宿題を熱心にみてくれました。

    絶対留年させないと母に約束して、安心させてくれました。生徒みんなに好かれる、いい先生だったなぁ。

    —lenar45ff56517

    Student with his head on his hands and a teacher with her arm on his shoulder, comforting him

    4. 質問することの素晴らしさを教えてくれた先生

    私にとっての特別な先生は高校の数学の先生。ある日、わからない問題があったので、昼休みに先生に質問にいきました。

    当時、お昼ご飯の邪魔をしちゃうし、休み時間が減っちゃうと、私は授業時間以外に質問することに、なんとなく後ろめたさを感じていました。

    質問しながらも、何度もスミマセンと言う私に、先生は「なんで謝る必要があるの?」って。

    「 質問すること、学ぼうと努力するのに謝ることなんてなにもないよ。わからないままにされるより、聞いてくれたほうが先生は嬉しい。そのために先生がいるんだから」

    先生の言葉はとても心に響きました。以来、質問する後ろめたさがなくなり、堂々とできるようになりました。

    あの瞬間は、私のその後の学校生活、志望校合格にとても影響したと思います。

    —suzyqdaisy

    5. 緊急事態に助けてくれた先生

    小学校5年生の時、家が火事になりました。

    学校の先生たちが、クラスのみんなと一緒に私のためにパーティーを企画してくれ、必要なものをいろいろプレゼントしてくれました。

    その後もずっと、私や家族のことを気にかけてくれたこと、一生忘れません。

    —andioop17

    6. 私にあった教え方をしてくれた先生

    高校時代、とにかく数学が苦手でした。まったくわからない。小テストもまるでダメ。

    そんな私を見て、どうやら他の生徒と数学の理解の仕方が違うようだ、と気がついてくれた先生がいました。

    私の考えやすい方法で数学を教えてくれただけでなく、テストで緊張しないようアドバイスもしてくれました。

    結果、数学のテストの点数は60点から90点へ。期末テストでは100点満点をとることができました。

    苦手なら、別の教え方をしてみようって考えてくれる先生ってどのくらいいるんだろう。私は先生に会えてラッキーでした。

    —raec4

    Teacher pointing out something on a student's paper

    7. 勇気を褒めてくれた先生

    高校3年生の時、家族にカミングアウトしました。当時、私の両親はカミングアウトを好意的にとらえてはくれず、私はとても悩んでいました。

    そんな時、歴史の先生が放課後声をかけてくれたんです。「聞いたよ。すごく勇気のある行動だと思う」って。

    泣き崩れました。あの時の私には、あの言葉はすごく大きかった。今もよく思い出します。

    —magsaloo

    8. 進学を後押ししてくれた先生

    私の地域には、高校と同時にコミュニティカレッジにも通い、高校卒業時に准学士号も取れるという制度がありました。私もこれに申し込んだのですが、不合格でした。

    友達にこの話をしていると、歴史の先生が聞いていたようで、励ましてくれました。その上、先生が受け持つAP試験(アメリカの大学進学試験のひとつ)対策授業をすすめてくれました。

    希望した進学プランではないものの、受講してみるとぐんぐん伸びて、なんとAP試験に合格! さらに先生は、必要なら大学の願書に推薦状も書いてくれると約束してくれました。

    今年、大学に入学します。先生が励ましてくれなかったら、「キミならできる」と私を信じてくれなかったら、とてもここまでこれなかったと思います。ちなみに大学の専攻は歴史です。

    —estephvargas0602

    9. 1人1人を理解してくれた先生

    教師をしている私の理想は、高校時代のブラスバンド部顧問の先生。時間をかけて生徒1人1人と向き合い、理解してくれた素晴らしい先生でした。

    高校卒業後も、たまに会えば「おう、どうした!」と、現役生徒のように接してくれました。

    先生はもう他界されていますが、先生に会えたから、教師になるために大学に行こうと思いました。今、私もブラスバンド部の顧問をしています。

    —sharonw4ba1eb986

    10. 忘れない授業をしてくれた先生

    高校の歴史の先生のご両親が、ホロコーストの生存者でした。

    ある日、授業時間いっぱい使って、先生がご両親の話をしてくれました。話が終わる頃、クラスのみんなは泣いていました。

    先生は、毎年受け持つクラスに必ずこの話をしているそうです。すでに退職されましたが、今も先生と連絡をとっています。

    あの日の授業は、14年たった今も忘れることはありません。クラスみんなが深く影響を受けたと思います。

    過去を忘れてしまいそうな今こそ、あの歴史の先生のような先生がもっといてくれたらと思います。

    —pandabear14

    11. ADHDと向き合ってくれた先生

    わたしは今、中学の国語の教師をしています。教師になろうと思ったのは、私の中学時代の国語の先生が素晴らしい人だったからです。

    私のADHDと向き合ってくれたのは先生が初めてでした。作文や演劇の面白さを教えてくれたのも先生。

    教壇に立つ今、先生のことを思い出さない日はありません。

    —jamesarthurwrites

    12. 安心できる場所を提供してくれた先生

    高校2年の時、仲の良かったグループの子たちが学校をサボり、お酒を飲んだり、タバコを吸ったりするようになりました。私も成績が下がりはじめ、このままグループの子たちに流されたらダメになると思いました。

    その後は授業に集中するようになったものの、代わりに学校では1人で過ごすことが多くなりました。正直、寂しくて辛かったです。

    当時、授業がおもしろくて大好きな歴史の先生がいて、気がつけば先生のオフィスで宿題したり、お弁当を食べたりするようになっていました。先生も、おしゃべりや歴史のディスカッションなど、私に付き合ってくれました。

    あの時のあの場所は、私にとって安全でとても大切な場所でした。変わりつつある人生の中で、必要な場所でした。

    その後、大学に進学。専攻は歴史。もちろん先生の影響です。

    あの時先生がいなかったら、人生はまるで違うものになっていたかもしれない。今の私はなかったかもしれないと思うと、感謝しかありません。

    —strawberry_rincess

    Chemistry teacher smiling at student

    13. 極限状態の時、お世話してくれた先生

    6年生の時、家がごたついていました。お兄ちゃんが亡くなって、両親が3つの仕事を掛け持ちしてもお金はギリギリという状態。

    そんな私の状況をみて、歴史の先生と理科の先生が声をかけてくれました。

    私のメンタルヘルスに気をかけてくれ、お弁当の世話をしてくれ、何よりいつも話をきいてくれました。歴史の先生は、お兄ちゃんのお葬式にも来てくれました。

    あれから15年経った今も、2人の先生とは連絡をとっており、何かと相談に乗ってもらっています。先生たちがいなかったら、今の私はなかったと思います。むしろ、6年生の1年間を耐えることすらできなかったでしょう。

    —hesslacie

    14. 苦手にとことん付き合ってくれた先生

    小学校の時、文章を読むのが苦手でした。あまりにもできないので、上の学年へ進むのを検討すべきという先生もいたほどでした。

    小1の担任の先生が、音読の練習をしてくれました。毎日、放課後に1時間くらい。たまにスーパーでおやつを買ってくれて嬉しかったな。

    先生のおかげで苦手を克服し、遅れることなく進学できました。人生で最高の先生です。

    —gabbyf4b8cb895a

    15. 敬意をもって接してくれた先生

    高校の化学の先生が担任していたクラスは、学力トップクラスの子ばかり。そこになぜか私もはいっており、ADHDがあったことも影響してクラスでは常に落ちこぼれでした。

    でも、先生は私がみじめな思いをしないように上手くサポートしてくれました。

    先生の生徒への接し方は、敬意にあふれ、かつチャレンジングで意欲が湧いてきました。先生の化学の授業はワクワクしました。

    —jenerosity

    Teacher pointing to something in a book beside a student

    16. 努力の大切さを教えてくれた先生

    私の学校では、中学3年の国語教師が、附属高校の国語特進コースに入る生徒を推薦するという決まりになっていました。推薦される生徒はもちろん成績優秀者のみ。

    通常課題だけでなく、成績をあげるために追加課題をこなすこともありました。

    私も特進コースを希望したのですが、成績はトップとはいえず。でも、先生は私を推薦してくれたんです。

    理由を聞いたら、いつも必ず追加課題をやっていたからだと。その後、無事特進クラスに進学し、高校卒業まで成績はトップをキープしました。

    努力は必ず報われる、先生が教えてくれたことです。

    —taryng108

    コメントは読みやすさのために編集してあります。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan