• animaljp badge

【閲覧注意】見るだけもゾッとする 世界中の変な生き物たちを集めてみた

こんなの夜に見たら夢に出てきそう...。

1. キリンのように首の長いゾウムシ

Chris Hellier / CHRIS HELLIER/REX/Shutterstock

オスのゾウムシはメスと比べて首が長く、他のオスとは首を使って争うそう。

あまり見てみたいとも思いませんが。

2. 深海に生息するラブカ

Rex / REX/Shutterstock

ラブカは、針のような歯をした 有史以前のサメ。500〜1000メートルほどの深海まで潜らない限り、ラブカと遭遇する心配は無いようです。

3. 海上で発見されたリュウグウノツカイ

Astrid Volzke / Astrid Volzke/REX/Shutterstock

大型の深海魚、リュウグウノツカイは海上に出てくることがほとんどないため、その姿を目撃することはほとんどありません。

上の写真は、オーストラリア沿岸でリュウグウノツカイが死んでいるのが発見された時の物。これと一緒に泳ぐ姿を想像しろなんて言われても、できませんね(笑)

4. 日本のタカアシガニ

Phil Yeomans / Phil Yeomans/REX/Shutterstock

日本近海に生息するタカアシガニは、爪の端から端までの長さが約3メートルもあります。これはなんと、車1台をまたぐこともできてしまうくらいの長さ!

ゴジラ級に大きいカニという意味で、「クラブジラ」というニックネームも付けられているそうです。

5. 深海のハチェットフィッシュ

Rex / REX/Shutterstock

この珍しい魚は、オーストラリアのグレートバリアリーフ近くの水深1,400メートルで発見されました。

まるで大きな頭だけが泳いでいるようです。

6. 巨大なニシキゴイ

Bournemouth New / Bournemouth New/REX/Shutterstock

この巨大なニシキゴイには、「ファット・レディ(太った女)」という名前がつけられています。

イギリスで最大の淡水魚だと言われていて、これまで200回以上も捕獲され、その都度、川に戻されてきました。現在は死亡してしまいましたが、推定寿命は30年以上にもなるそう。

気になるその体重は、なんと約28キロ!小柄な人だったら、こいつに余裕で食べられちゃうかも…。

7. 1つ目のアルビノのサメ

Fleet / Fleet/REX/Shutterstock

この1つ目のアルビノ(生まれつき肌や毛髪が白く、弱視などの視覚障害も伴う遺伝子疾患)のサメは、カリフォルニア湾のオオメジロザメから生まれたようです。

この子はもう死んでしまったけど、この印象的な写真を見れば一生忘れることはないですね。

8. 超ヘビー級メコンナマズ

News / News/REX/Shutterstock

男性が抱えているのは、タイで発見された90キロのメコンナマズ。デカすぎ…。

9. キモカワ?ハダカデバネズミ

Mint Images / Mint Images/REX/Shutterstock

このネズミがかわいいかちょっと気持ち悪いか、人によって感じ方は様々だと思います。私はちょっと…。

ハダカデバネズミは、サハラ砂漠の南のアフリカの主に地下に住んでいます。

大きさはティーカップくらいなので、それだけは確かにかわいいのかも。

10. 世界最大級の淡水魚ピラルク

Rex / REX/Shutterstock

ピラルクは世界最大の淡水魚の1つです。写真の巨大ピラルクは、ガイアナ共和国にあるエセキボ川で発見されました。

ピラルクは保護動物に指定されています。この写真を撮影したあとに、川に放したそうです。

11. 手なの?鼻なの?ホシバナモグラ

Flpa / FLPA/REX/Shutterstock

この手。そしてこの鼻。一体私は何を見てるんだろう?

12. こんなのが川にいるなんて…巨大ナマズ

China News / China News/REX/Shutterstock

写真の男性は朝に川で泳いでいる時に、この巨大なナマズを2人の友人と一緒に「素手で」捕まえたとのこと。

男性は中国通信社の取材にこう答えています。

「泳いでいるときに、突然巨大な魚を見つけました。その後、静かに泳いで魚に近づき、魚を川の真ん中に追い込みました」

「私は急いで頭を掴み、他の2人の友人は体を掴みました。この魚はかなり力があり、水中で激しくもがいていました」

13. 細長い口に歯がびっしり…ガビアル

Picture Library / Picture Library/REX/Shutterstock

ワニの一種であるガビアルは細長い口に尖った歯が特徴的。インドで発見されたこちらは、全長約1メートル80センチほどでした…!

14. 実はカレイの仲間、オヒョウ

News / News/REX/Shutterstock

約2メートルほどあるこのオヒョウ(カレイの仲間)は、ノルウェーのロフォーテン諸島の海岸で捕獲されました。

ボートに載せるには大きすぎたようで、漁師は水に飛び込んで写真を撮っています。

これが普段私たちが食べているカレイの仲間なんて、信じられないですよね。

15. 「世界で最も変なカメ」マタマタ

Zerna / Zerna/Newspix/REX/Shutterstock

カメのマタマタは、なかなか「クールなヤツ」という感じの顔をしています。

世界で最も変なカメ」と呼ばれることもあるようです。

16. 泳げないカエルアンコウ

Solent News / Solent News/REX/Shutterstock

この魚は泳ぐことはできません。その代わり、ヒレを使って海底を「歩く」のです!!

17. 2メートルまで成長するウルフ・イール

Flickr: jkirkhart35

ウルフ・イールは、アラスカからカリフォルニアにかけての沿岸に分布します。長い体にぼってりとした岩のような顔が特徴の、オオカミウオ科の魚です。

これはウルフ・イールの赤ちゃん。成体になると体長約2メートルほどにもなります

18. 毒針を持つブルドッグアリ

Auscape / Auscape/UIG/REX/Shutterstock

オーストラリアに生息するブルドッグアリは毒針を持っています。人を指すこともあるそうです。

信じられないかもしれないけれど、本当です。

19. 想像したことないサイズのエイ

Zeb Hogan / ZEB HOGAN / AP/REX/Shutterstock

この巨大なエイは、カンボジアのメコン川で捕らえられました。

20. 「あの歌」に出てくるアイアイ

Flickr: 42244964@N03

アイアイはマダガスカルに生息する夜行性の動物です。

そのためか、フラッシュを使った上の写真がとても恐ろしく見えます。

21. 完全に映画のモンスター、ヤツメウナギ

Rick Bowmer / Rick Bowmer / AP/REX/Shutterstock

ヤツメウナギは海に生息するですが、サケのように淡水で産卵します。このヤツメウナギは、オレゴン州ポートランドの近くで捕らえられたもの。

人の血を吸うヤツメウナギの種類もあるんです…こわ…。

それでは、良い夢を!

この記事は英語から翻訳・編集しました。