透明なボール内に客席?!ニューヨークのレストランのコロナ対策がワクワクする

    これは逆に今だけなのでは?

    外出を自粛したり、感染対策に気を遣ったり、ソーシャルディスタンスを確保できる状態で買い物や飲食を楽しんだり…。新型コロナウイルスとの「新しい生活」が始まって、もう半年以上が経過しています。

    Fox

    僕が住むアメリカでも、いろいろな企業や店舗が独自の方法でコロナ対策を講じています。

    「WEAR A MASK, PLEASE(お願いだからマスクを着用して)」の頭文字をとって、写真のカーディ・Bの曲「WAP」に。ファンならわかるジョークです(笑)

    例えばこのジムでは、利用者の密を避けるため、一人一人が「透明なボックス」に入っています。

    Frederic J. Brown / Getty Images

    個人的には、ジムにパーソナルスペースがあるのは嬉しいところ。

    Frederic J. Brown / Getty Images

    他人や自分の汗の匂いも気にならないし、「お尻に汗染みついてるかな?」ってキョロキョロしなくていい。

    Frederic J. Brown / Getty Images

    ニューヨークには、これと同じ仕組みを導入したレストランもあるんです!

    Fox

    マンハッタンにある「カフェ・ドゥ・ソレイユ」がテラス席に設置したのは、蜜回避用の「透明なボール」👏

    テラス席のお客さんはこのボールの中で食事をします。

    意外といい感じでは?ちょっとワクワクしますよね。

    今までとは一味違うインスタ映え写真も撮れちゃいます。

    新しい生活には、新しい楽しみ方を!

    Fox

    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:髙橋李佳子