Paid Post

こんなに違うの…江戸時代と今の「食文化」を比較してみた

江戸時代の人、白米好きすぎるでしょ。

①1日にひとりが食べるご飯の量

※画像はイメージです。 / Via buzzfeed.com / 出典:「絵でみる江戸の町とくらし図鑑 商店と養生編」(江戸人文研究会)、「米をめぐる関係資料(平成31年3月)」(農林水産省)

白米は消化がよく、腹ごしらえにもってこいの食事でした。お茶碗に盛り付けるご飯の量も山盛りだったそうです。

※画像はイメージです。 / Via buzzfeed.com / 出典:「絵でみる江戸の町とくらし図鑑 商店と養生編」(江戸人文研究会)、「米をめぐる関係資料(平成31年3月)」(農林水産省)

白米は消化がよく、腹ごしらえにもってこいの食事でした。お茶碗に盛り付けるご飯の量も山盛りだったそうです。

※画像はイメージです。 / Via buzzfeed.com / 出典:「絵でみる江戸の町とくらし図鑑 商店と養生編」(江戸人文研究会)、「米をめぐる関係資料(平成31年3月)」(農林水産省)

白米は消化がよく、腹ごしらえにもってこいの食事でした。お茶碗に盛り付けるご飯の量も山盛りだったそうです。

②流行りのストリートフード

※画像はイメージです。 / Via buzzfeed.com / 出典:「江戸の食空間」(大久保洋子)

江戸時代のてんぷらは、屋台で売られているストリートフードでした。手が汚れないように串で提供されていたといいます。

※画像はイメージです。 / Via buzzfeed.com / 出典:「江戸の食空間」(大久保洋子)

江戸時代のてんぷらは、屋台で売られているストリートフードでした。手が汚れないように串で提供されていたといいます。

※画像はイメージです。 / Via buzzfeed.com / 出典:「江戸の食空間」(大久保洋子)

江戸時代のてんぷらは、屋台で売られているストリートフードでした。手が汚れないように串で提供されていたといいます。

③流行りの甘い飲み物

※画像はイメージです。 / Via buzzfeed.com / 出典:「江戸の食空間」(大久保洋子)

氷水といっても単に「冷たい水」を意味します。水の中に砂糖と白玉を入れたものです。夏になると、この氷水を水屋が売り歩きました。

※画像はイメージです。 / Via buzzfeed.com / 出典:「江戸の食空間」(大久保洋子)

氷水といっても単に「冷たい水」を意味します。水の中に砂糖と白玉を入れたものです。夏になると、この氷水を水屋が売り歩きました。

※画像はイメージです。 / Via buzzfeed.com / 出典:「江戸の食空間」(大久保洋子)

氷水といっても単に「冷たい水」を意味します。水の中に砂糖と白玉を入れたものです。夏になると、この氷水を水屋が売り歩きました。

④カステラの食べ方

※画像はイメージです。 / Via buzzfeed.com / 出典:「江戸の食空間」(大久保洋子)

江戸時代のカステラは、菓子としてだけでなく、酒の肴や料理としても食べられていました。

※画像はイメージです。 / Via buzzfeed.com / 出典:「江戸の食空間」(大久保洋子)

江戸時代のカステラは、菓子としてだけでなく、酒の肴や料理としても食べられていました。

※画像はイメージです。 / Via buzzfeed.com / 出典:「江戸の食空間」(大久保洋子)

江戸時代のカステラは、菓子としてだけでなく、酒の肴や料理としても食べられていました。

⑤マグロのトロ

※画像はイメージです。 / Via buzzfeed.com / 出典:「読む寿司 オイシイ話108ネタ」(河原一久)

当時はマグロ自体が不人気でした。中でも、トロは傷みやすく、脂っぽいことから嫌われていました。ちなみに「トロ」という名前がつけられたのは諸説ありますが、戦後に入ってからのことだといわれています。

※画像はイメージです。 / Via buzzfeed.com / 出典:「読む寿司 オイシイ話108ネタ」(河原一久)

当時はマグロ自体が不人気でした。中でも、トロは傷みやすく、脂っぽいことから嫌われていました。ちなみに「トロ」という名前がつけられたのは諸説ありますが、戦後に入ってからのことだといわれています。

※画像はイメージです。 / Via buzzfeed.com / 出典:「読む寿司 オイシイ話108ネタ」(河原一久)

当時はマグロ自体が不人気でした。中でも、トロは傷みやすく、脂っぽいことから嫌われていました。ちなみに「トロ」という名前がつけられたのは諸説ありますが、戦後に入ってからのことだといわれています。

⑥ファストフード

※画像はイメージです。 / Via buzzfeed.com / 出典:「江戸の食空間」(大久保洋子)、「日本の食文化5 酒と調味料、保存食」(石垣悟)、「読む寿司 オイシイ話108ネタ」(河原一久)

江戸時代後期に、酒粕で造る粕酢が誕生しました。安価で旨味と甘みが多い粕酢の登場とともに、握りずしも急速に普及しました。このようにして、すしは江戸時代の「ファストフード」としての地位を確立しました。ちなみに、当時のすしの大きさは現在のものの2倍以上あったそうです。

※画像はイメージです。 / Via buzzfeed.com / 出典:「江戸の食空間」(大久保洋子)、「日本の食文化5 酒と調味料、保存食」(石垣悟)、「読む寿司 オイシイ話108ネタ」(河原一久)

江戸時代後期に、酒粕で造る粕酢が誕生しました。安価で旨味と甘みが多い粕酢の登場とともに、握りずしも急速に普及しました。このようにして、すしは江戸時代の「ファストフード」としての地位を確立しました。ちなみに、当時のすしの大きさは現在のものの2倍以上あったそうです。

※画像はイメージです。 / Via buzzfeed.com / 出典:「江戸の食空間」(大久保洋子)、「日本の食文化5 酒と調味料、保存食」(石垣悟)、「読む寿司 オイシイ話108ネタ」(河原一久)

江戸時代後期に、酒粕で造る粕酢が誕生しました。安価で旨味と甘みが多い粕酢の登場とともに、握りずしも急速に普及しました。このようにして、すしは江戸時代の「ファストフード」としての地位を確立しました。ちなみに、当時のすしの大きさは現在のものの2倍以上あったそうです。

1804年の創業当時から、ミツカンは人と社会と地球のためにずっと考え続けてきました。

江戸時代から普及したすしに一役買ったのは粕酢。

これはミツカンの創業者である中野又左衛門が酒粕を有効利用しようと考え作りあげたものです。昔から食の無駄を省き、当時の当たり前を打ち破り、人と社会と地球のためをずっと考え続けてきたミツカン。それは、これからも一緒です。

10年先に目を向けて、「おいしさ」と「健康」を限りなく一致させる活動を通し、新しい食の未来をめざしていく。それがミツカンの「未来ビジョン宣言」です。