back to top

We’ve updated our privacy notice and cookie policy. Learn more about cookies, including how to disable them, and find out how we collect your personal data and what we use it for.

「え、ハイローやばくない…?」HiGH&LOWの応援上映に行ってきたら、予想の10倍すごかった話

ホワイトラスカルズ推しです

巷で噂の“HiGH&LOW”。テレビCMで見かけるのはもちろん、SNS上でも話題になっています。

HiGH&LOWは、EXILEのリーダーであり、LDHの社長でもあるHIROさんが企画・プロデュースを勤めているプロジェクト。

元々はテレビドラマとしてスタートし、現在は映画の3作目が公開されています。また、4作目の公開も控えているとのこと。

「噂には聞いていたけれど、そんなに人気なの…?」

ということで、実際に観に行ってきました。

挑むのは“応援上映”

今回は、8月19日から公開されている「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」の応援上映を観に行くことに。

応援上映は、声援OK、フラッグ・ペンライトの持ち込みOKという特別上映とのこと。事前にドンキ・ホーテで色の切り替えができるペンライトを購入していきます。

筆者が参加したのは21時開始の回。仕事終わりと思わしきお姉さんや、カップルなど、様々な人たちがニコニコ顏で席に座り、カバンからペンライトを取り出しています。

開幕から「松竹ありがと〜〜〜〜〜〜!!!!!!」

広告

ついに映画が始まりました。

松竹のロゴが映し出されるとともに「松竹ありがと~~~!!!!」と歓声が飛びます。

配給会社にも感謝する、それが応援上映……!

話は進み、主要人物が登場するたびに「村山さ~~~~~~~~ん!!!!」と名前が叫ばれます。筆者は今回初めてHiGH&LOWを観たのですが、周りの皆さんおかげで「なるほど、この人が村山さんか」と覚えることができました。

また、登場してくるヤンキー達はチームで別れており、チーム毎にカラーが決まっています。

画面に映る人物のチームによって、ペンライトの色を鬼のような速さで切り替える皆さん。手つきがプロです。

「病院行って〜〜〜〜!!!」止まらない掛け声

広告

怒涛の展開で進んでいく映画。飛び交う掛け声に参加しているうちに、基本的な応援スタイルがわかってきました。

1.お母さんのようにたしなめるパターン

キャラ「とうとう死んだか」

観客「そういうこと言わないで〜〜〜〜!!!!!!」

HiGH&LOWは血の気の多いシーンが多いため、「死なないで〜〜!!!!」「気をつけて〜〜〜!!!」「病院行って〜〜〜〜!!!」等の身を案じる掛け声が目立ちました。

2.身元を尋ねるパターン

(むちゃくちゃカッコイイ登場の仕方をするキャラに対して)

観客「誰なの〜〜〜〜〜!?!?!?!」

登場人物は、ほとんど全員がむちゃくちゃカッコイイ登場の仕方をします。後ろ姿で登場したり、スローモーションで登場したり、とにかく勿体つけて登場するので「誰〜〜〜〜〜!?!?!」という掛け声が何度も繰り返されます。

3.タイミングを教えてくれるパターン

(回想に入るシーン)

観客「回想入りま〜〜〜〜す!!!!!」

他の観客「は〜〜〜〜〜〜い!!!!!!!」

観客同士での掛け合いも多いです。観客「何飲んでるの〜?」他の観客「コーラ!」という連携プレイなど、熟練の技が目立ちました。

4.セリフを盛り上げるパターン

イケメンなセリフを言うキャラ「てめえら後悔すんなよ」

観客「フゥ〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!」

初心者が一番取り組みやすいパターンです。HiGH&LOWには「愛とは誇りだ」「メイクアマニー」「パーリーターイム」など、とにかくイケメンなセリフが鬼のよう出てきます。イケメンなセリフに対して「フゥ〜〜〜〜!!!!」というだけでテンションが上がります。

5.感謝していくパターン

(ナレーション等の状況説明)

観客「説明ありがと〜〜〜〜〜〜〜!!!!」

HiGH&LOWは初心者に優しく、度々状況の説明をしてくれます。

6.苦労を労っていくパターン

血の気の多い殴り合いシーンが終わった後

観客「お疲れ様でした〜〜〜〜〜〜!!!!!!!」パチパチパチパチ

HiGH&LOWは血の気の多いシーンが多いため、むちゃくちゃな殴り合いが度々起こるのですが、そのシーンが終わるたびに「お疲れ様でした〜〜〜!!」と拍手をしながら労います。

むちゃくちゃに楽しかった応援上映。

初めての応援上映だったので「ちゃんと応援できるかな…」と不安だったのですが、とっても楽しかったです。

応援上映に何回も参加していると思わしき観客の方が、率先して声を出してくれるので、その方々の掛け声を参考に応援することができました。

楽しく声をかけながら、熱くペンライトを振り、シリアスなシーンはみんなで固唾を飲んで見守る、そんな上映会でした。

来ていたファンに話を聞いてみた!

「今日来ている人って、どんな人たちだろう?」ということで、観客の方にお話を聞いてみました。

3人組のお姉さんたちは、一人がLDHファン。もう二人が若手俳優ファン。

HiGH&LOWの良いところは、「この時代にない男らしさや、熱い友情を感じられるところ」とのこと。

また見所を聞くと「NAOTOくんの腹筋はすごいですね。ライブだったらオペラグラスで苦労してみるのに……」と感慨深げなコメント。確かに上映中、ジェシー役のNAOTOさんが映ったシーンでは「肉体美ー!!!!」という声がかけられていました。

応援上映については「通常の上映を観てから、応援上映をみると楽しいですね!応援上映は掛け声でネタバレが入ってしまうことがあるので。通常の上映を観てからだと、次の登場人物に合わせてペンライトの準備もできます!」と2回以上観ることをオススメしてくれました。

応援上映も楽しいけど、そもそも映画自体が面白い。

楽しかった応援上映。

しかし、映画を見てみての感想は「そもそも映画のクオリティがむっっっっちゃ高いやんけ」です。

EXILE系列の演者さんが多いのですが、身体能力が異常に高いので、アクションシーンがキレッキレです。

その他の役者さんも、新進気鋭の若手や、昔から大活躍している大御所を揃えてきているので、どのシーンも迫力がすごいです。

特に長回しのアクションシーンのかっこよさは、ぜひ観て体感してもらいたいなと思います。

また、音楽もかなりカッコいいです。筆者は音楽に詳しくないのですが、どのシーンも常にイカした音楽がかかっています。

公式のYouTubeのチャンネルに曲がいくつか上がっているので、ぜひ聞いてみてください。

とっても楽しかったHiGH&LOWの応援上映!ぜひ皆さんも行ってみてくださいね!