「認めたくないものだな、自分自身の若さゆえの過ちというものを」よく聞く名言、元ネタを知っていますか?

    知らない人も多いかも

    ネットでよく聞く言葉、元ネタを知っていますか?

    「認めたくないものだな、自分自身の若さゆえの過ちというものを」といえば、ネット上などいろいろなところでよく見かける言葉です。皆さんはこの言葉の元ネタを知っていますか…?

    「機動戦士ガンダム」第1話に登場するシャア・アズナブルのセリフ

    アニメ「機動戦士ガンダム」第12話「ジオンの脅威」に登場するシャア・アズナブルのセリフです。

    第一話にて、アムロ達の住むコロニー・サイド7に潜入したジオン軍の兵士たち。モビルスーツ製造計画V作戦の偵察が目的でしたが、その中の新兵が戦功を得るために焦って飛び出し、アムロの乗るガンダムに討たれます。それを受けて、シャアが言ったのが「認めたくないものだな、自分自身の若さゆえの過ちというものを」というセリフ。

    新兵に向かっての言葉なのか、自分の若い頃について言及した言葉なのかは定かではありませんが、アニメ史の中でも名セリフとして有名です。

    機動戦士ガンダムには他にも「こいつ…動くぞ!」「坊やだからさ」「行きまーす!」など、たくさんの名言があります。

    前文

    シャア:スレンダーは?

    ドレン:サイド7を脱出して本艦に向かっております

    シャア:認めたくないものだな、自分自身の若さゆえの過ちというものを

    機動戦士ガンダム 第一話より引用