back to top

Illustration by BuzzFeed News

ISに洗脳されてから自分を取り戻すまでの闘い

ISに参加するのは、ISから脱退するより、ずっと簡単だ。

トルコ南東部、シャンルウルファ。頭に黒いスカーフを被ったオカブは、IS(イスラム国)のジハード戦士の一隊を率いて、埃っぽいシンジャルの街に突入した。神に近づいたという感覚と、自分は天国から放たれた一発の銃弾にすぎないのだ、という気持ちを抱いていた。

2014年8月3日の夜明け前。 ISの兵士たちは、イラク北部に古くから住む、宗教的少数派のヤジディ教徒の家々を襲撃し始めていた。ISでは古参の方に数えられる野戦指揮官のオカブは、地元の武装勢力から猛烈な抵抗を受けるだろうと予想していた。しかし、武装勢力はすでに撤退し、高くそびえたつシンジャル山の麓に広がる街は、もぬけのからだった。

その時、仲間の兵士がヤジディ教徒の民間人を家から引きずり出し、「不信心者めが!」と叫んだ。泣き叫ぶ家族の目の前で、ヤジディ教徒の男たちの首をはねた。女性や子供たちを縛り上げ、車まで引きずって行った。数々の大虐殺の光景がオカブの脳裏に焼き付いている。オカブは、後ろ手に縛られ、道路の側溝にうつ伏せで横たわる50人以上のヤジディ教徒の男たちを自動小銃で処刑した。

ISによるヤジディ教徒の虐殺は、世界中の怒りを買った。ヤジディ教徒の人権保護団体は、3千人以上の民間人が殺害されたと伝えた。 少なくとも、5千人以上のヤジディ教徒が人質になっていた。人質の多くは女性で、性奴隷にされた。アメリカはこれをジェノサイドと断じた。ISの襲来を受けて、シンジャルの街から逃げ出したヤジディ教徒たちは、山の頂上に集結した。アメリカはISに対する空爆を開始した。虐殺はISの過激思想のブランド広告であり、兵士たちの情熱に火をつける役割を果たした。

だが、あの虐殺によって、オカブの良心は痛めつけられた。ISに疑問を持つようになった。

震えあがった。誰がこの命令を下したのか? 周りにいた兵士たちに聞いて回った。なぜこんなことをするんだ?

返ってくる言葉はどれも同じだった。こいつらは不信心者だ。

オカブは、ISを見捨てることになるだろうなと思った。そして、怖くなった。自分の中に芽生えた思いを、誰かが察知するのではないか。オカブは知っている。ISが離反の疑いがあるメンバーに厳しい処分を用意していることを。

オカブはイラクのモスルにある基地に戻った。その後、母国シリアに渡り、ISが「首都」を自称するラッカに入った。ISからの離脱という、長く困難な道のりが始まった。

いま、オカブは、IS離反者による地下組織の一員だ。 元外国人戦士たちは母国で、ISからの報復と、ISにいたために逮捕される恐怖に、おびえながらひっそりと暮らしている。

なぜ、あのような恐ろしい犯罪に加担してしまったのか。長年染み付いた狂信から目が醒めるにつれ、疑問は募っていった。

「ISに参加していた奴はみんな悪党。あなたはそう思うでしょう。でもね、私にとって兄弟なんですよ。彼らは」。ある晩、いま住んでいるトルコ南部、国境の街でオカブは話す

「彼らと全く同じことが、私にも起きたから」

離反者は人目を避け、気配を消している。生の声を聞くことは難しい。ISのプロパガンダが真実なのか、そうでないのか。確認することすらできない。

離反したいと思っても、すでに離反した人たちを手本にする術がない。しかし今回の取材では、6人の離反者と、離反者の脱出を支援する2人の男性に話を聞くことができた。

そこで明らかになったのは、ISの階級構造に生まれつつある亀裂だ。ISの報復と、逮捕から身を守るため、インタビューに応じた全員が匿名を希望した。オカブは、信頼できる友人だけが知る、「ワシ」を意味する昔のニックネームで通すよう求めた。

ヨーロッパでの再出発を夢見て、ISに見切りをつけた者もいる。一方で、宗派間の流血を求めるISの支配から、依然として逃れきれない者もいる。親族によってISから救出された13歳の少年は、 「不信心者」を当たり前のように殺す考えに、未だに取り憑かれている。

なぜ、ISはこれほど多くの人たちを惹きつけるのか。疑問を解く鍵が、離反者たちの物語にはあるはずだ。人はどのように過激思想に引き込まれ、そしてどのように自分を取り戻すのか。そして、ISから脱退する際に直面する危険と、その後の人生において続く苦しみを聞いた。


大学生だったオカブ は、ラッカの街でタバコを吸い、クラスメートと女の子を追い回していた。しかし内戦が続くと、ISの急進的な考えは、混乱する社会の中で秩序を打ち立てる大黒柱のように思えてきた。

2013年の夏、ISがラッカを占領するまでには、オカブは反政府武装集団の一員として、2年も抗争のただ中にいた。平和的な抗議運動に対してアサド政権は攻撃を始め、反政府勢力が制圧した地域を空爆で壊滅させ、民間人を虐殺するようになった。オカブの家族も流血を免れなかった。従弟や兄弟たちは、人民防衛隊(YPG)というクルド人の民兵組織に殺害されたり、誘拐されたりした。YPGはISにとって不倶戴天の敵だ。オカブはISの一員として、YPGと戦うことになった。

秩序や論理がほとんど見出せない中、殺人犯の首や泥棒の手を切り落とし、婚前交渉を犯した恋人たちを鞭で打つ、厳格さと単純さにも惹きつけられた。

オカブは、悪名高い「教化コース」をISから課せられた。これまで、神とは程遠い不信心者として生きてきた、と教えられる。そして、ISに服従すれば、神に近づくことができるのだ、と。

数十回の戦いを経て、階級が上がるにつれ、兵士としての名声を得た。「うまく説明できないのですが、『神はお前を待っている、だからお前は神のもとへ行かなければならない』と彼らは教えます。『死を恐れずに行ってこい』と」。

「死にたかった。死ねば、この世のつらいことはすべて終わって、新しくやり直せるから」

虐殺事件のあと、ラッカに戻った頃にはこうした思いは薄れていた。ISから脱退する計画を立てたが、だんだん怖くなった。シリアは破壊され、家族は離ればなれになっていた。知人らも、ISに参加していたオカブを汚れたものとしてみていた。ISから逃げたとして、一体何をすればいいのだろう?

暗い衝動からも逃れられなかった。ISにいた時は、指揮官としてのステータスがあった。武器や車、家や安定した給料もあった。尊敬される戦士だった。

だがISを去れば、ただの難民にすぎない。復讐欲もあった。オカブがISで働いているがために、親戚の女性が誘拐された。当時、オカブと連絡をとっていたトルコに住む友人は証言する。「自分のせいだという思いがあったんだろう。オカブはISから離れる前に、彼女をなんとか解放したがっていた」

オカブは後に、とても正当化できないと知ることになる妥協をした。ISの真実を目の当たりにしてきたが、イスラム国の黒旗の下で、アサド政権とYPGと戦い続けることにしたのだ。

他の離反者たちも同じだ。ISとキッパリ手を切れた人間は一人もいない。再びISの活動に身を投じる者も、初めて参加した時と同じような、心の揺れ動きを感じるという。

敵対する反政府組織は、戦闘員に銃や給料を与えるのに四苦八苦していた。そんな中で、瞬く間に権力の座に上りつめたISは、独特の魅力を放っていた。アメリカ政府の推定では、ISの戦闘員数は約25,000人。ここ数年で延べ38,000人以上の外国人新兵を受け入れていた。2014年6月にモスルを占拠し、カリフ国宣言をしてからは、ISはベルギーと同じくらいの面積を占める領域を支配するようになった。そして、石油の販売や強奪、課税、そして誘拐の身代金で収入を得ていた。ISの拠点、シリアのデリゾール県出身、27歳の戦闘員は、ISにほとんど親近感を持っていなかったが、参加した。その地域に暮らす戦闘に適した男性にとって、他の選択肢がなかったのだ。「ISが犯罪者なのは知っていたよ。でも、シリアでは ISに関わらずに生きていくのは大変なんだ。支配地域ならなおさらだよ」

ISは家と、車と、月給を彼に与え、さらに結婚式まで挙げた。

彼も、オカブと同じように過激思想のトランス状態に陥り、そして虐殺で目が覚めた。殺戮に手を貸したことは認めたが、それ以上の詳細については触れなかった。

虐殺の罪悪感が、やがて離脱へと彼をせき立てた。犯した罪で、穢れてしまったと感じた。ヨーロッパへ逃亡する計画を立てたが、他の難民に気づかれて警察に通報されないか不安になり、断念した。今はトルコの国境付近で行き場を失っている。「ISから離脱したいと思っている人はたくさんいるよ。でも、どうすればそのあと生き延びられるんだろう?」


オカブはいまだに自分がラッカで抱えた矛盾に苛まれていた。ISから離れるべきだとわかっていながら、戦い続けるという、矛盾に。そんなとき、またとない償いの機会がやってきた。

上官が、ヤジディ教徒の女性の奴隷をくれるというのだ。

彼は申し出を受けた。そして、トルコでの出来事を思い出した。彼女を避難させよう。そう言い聞かせた。「1人のヤジディ教徒をただ守りたいと思ったんです」

奴隷の女性は、これまで残忍な性的暴行を受けていた。体調が悪かったため、すぐに病院に連れて行った。ISはヤジディ教徒の女性たちに対し、組織的にレイプする。少なくとも3,000人の女性たちが今も捕らわれの身になっていると国連や、脱出した女性たちが伝えている。

奴隷の女性はショックを受けていた。夫は目の前で殺され、2人の幼い息子たちは教化キャンプに連れて行かれた。「彼女につらい過去を思い出させないように努めました。なんとか、気持ちが楽になるようにと…」。オカブは言う。「でも、忘れろと言っても、忘れられるわけないですよね?」

オカブがトルコに脱出した頃、その女性とは連絡がつかなくなっていた。その後、彼女に何が起こったかを確かめるすべはない。ラッカで一緒に生活していた数カ月の間、彼女に指一本触れなかったという。信用されていないのはわかっている。でも、友達になれた。オカブはそう信じている。

数時間にわたるインタビュー中、ISによるヤジディ教徒、特に女性奴隷たちに対して行われたことに、オカブは何度も激しい嫌悪感をあらわにした。「この人たちだって、人間なんだ、とみんなに言いました。女性たちをレイプし、売り払い、このように扱うのは禁じられていることだと。でも、彼らの答えはいつも同じ。ヤジディは不信心者だというのです。人間の言葉を理解しないのです」

彼女を守ったことは、心の支えだった。オカブは自分の体験と、ISについての思いを彼女に話したことを思い出した。「吐き出せる相手が必要でした。そうでもしないと、自爆してしまいそうだった。彼女しかいませんでした」

彼女の存在が、ISから離れよう、そう誓ったことを思い出させた。

オカブはトルコとの国境に狙いを定め始めた。2人で安全に国境を越えるために。

トルコにいるオカブの友人は証言する。「その女のことは忘れるんだ、と彼を説得しました。ISに捕まれば、2人とも殺されるからです。でも、彼は罪滅ぼしのために彼女を助けることを選びました」


ある寒い夜、トルコ南部の街で オカブは兄と一緒にテラスのテーブル席にいた。オレンジ色の灯りの下で、タバコを立て続けに吸っていた。

セーターを着て、戦場での彼の名声を裏切るような柔和な表情をしていた。ISからの脱出を話すうちに、彼は必死に涙をこらえていた。

奴隷の女性に対し、イラクに逃亡するか、一緒に国境を越えてトルコに逃げようと持ちかけた。だが彼女には10歳にもなっていない2人の息子を残してラッカを去ることはできなかった。ISがやってきて、息子たちと離ればなれになって以来、息子たちの消息は全くつかめていない。 オカブは、疑われないよう慎重深く、息子たちについて聞いて回ったが、手がかりはなかった。

次の手を考えているうちに、トルコで古傷の治療を受ける許可がおりた。手術を受け、回復を待っている時に、、ISが彼の反逆に気づいた。ラッカに戻れば逮捕されるだろう。トルコに残るしかない。女性は、ラッカに残すしかなかった。

自分の過ちを正すことはできない。オカブは悟った。自分が英雄だなんて、とんでもない。あの奴隷の女性はどうなったのだろう。オカブの兄は言った。「恐らく、また売られていったただろう」

トルコではどうしたらよいのかわからず、不安に駆られた。ラッカに戻り、ISに赦しを求め、民間人として暮らすことも考え始めた。ただ「普通の暮らし」をしたかっただけなんだ、と。

忠誠や信条からは距離を置いた。学生の時ほど敬虔ではなくなった。「ISとは規律であり、イスラム教徒は規律を守らなければならない」と彼は言った。

「誰にも支配されたくない。自由になりたいんだ」

Mike Giglio is a correspondent for BuzzFeed News based in Istanbul. He has reported on the wars in Syria and Ukraine and unrest around the Middle East. His secure PGP fingerprint is DD2D D9F4 F1B5 204B 8069 3056 D916 4D69 9ED6 04D5

Mike Giglioに連絡する メールアドレス:mike.giglio@buzzfeed.com.

Munzer al-Awad is a journalist based in Istanbul.

Munzer al-Awadに連絡する メールアドレス:munzer.alawad@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.