Skip To Content

患者と医療者のすれ違い どんな状況になっても最善の最期だったと思えるために

患者団体の代表として、患者や家族から最後の時まで相談を受けてきた立場から、「人生会議」の意味を問い直した後編です。医師の”信念”で患者が望む「鎮静死」を拒否するなど、患者の死生観と医療者の考えとのすれ違いを考えます。

Miho Katagi • 9 months ago

人生の最後には答えがない 「人生会議」の行方を見つめてきて

患者団体の代表として、発病から最後の時まで相談を受けてきた立場から、「人生会議」の意味を問い直す前編です。

Miho Katagi • 9 months ago

言葉には副作用があることをわすれないで 杉田水脈発言で傷つくがん患者たち

「政策の話だから」「特定の個人に向けて言ったわけではないから」では片付けられません

Miho Katagi • One year ago
Miho Katagi • One year ago