ザルとボウルが一緒になったら、めっちゃ便利だった

    場所も取らないし、流れるように作業できる

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    ぱっと見ただのステンレスボウル。

    Michiko Tokuoh

    でもボウルじゃなくてザル?

    Michiko Tokuoh

    水切り用の穴が開いてもいる。

    こちら「洗う・和える」「さらす」「水切り」の3つの機能をこなす藤井器物製作所の3WAY水切りボールだ。

    ボウルとして水に浸けて......。

    Michiko Tokuoh

    逆側に傾けてザルで水を切る!

    Michiko Tokuoh

    すんげー楽。

    普通ならボウルに食材を入れて水にさらし、水を切るためにザル出して、ボウルからザルに食材を移して水を切り、ザルから水が滴り落ちないようにお皿の上に乗せる。そんな面倒がまったくない。

    ただ底を傾けるだけ。

    Michiko Tokuoh

    底に角度が付いているので、中に入れている具材の重みで好きな角度で自立する。

    用途は2つだけど、片付ける場所は1つ分。ステンレスなのでいつまでも美しく長く使えるのも良い。

    米研ぎ用としても中々重宝するこの藤井器物製作所の3WAY水切りボールは料理とキッチンをスマートにしてくれる超便利グッズなのでありました。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。