お餅に飽きたら手軽につくれる「モッフル」に。餅入りチーズダッカルビもおすすめ

    いまのうちにお餅尽くしの毎日に備えよう。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。

    お正月と言えばお餅。

    餅は電子レンジで調理するという人も多いと思うが、普通の皿に乗せて焼くと、くっついてしまって大変。こびりついた餅を取るのもお皿を洗うのも一苦労なのである。

    そこでこんなプレートを使ってみる。

    Michiko Tokuoh / BuzzFeed

    この「楽チンプレート」があるだけで、そんなストレスから一気に解放される。ダブルエンボス加工でこびりつきを抑えられるし、レンジでチンするだけで、つきたてのお餅のような仕上がりになる。

    でも、餅における最重要課題は…。

    お餅のこびりつき問題よりもっと重要課題は、「余った餅問題」である。お雑煮食べた後は砂糖醤油で食べてみたり、きな粉餅食べてみたり。一通り食べ終わった後、あんなに美味しかった餅も飽きてきてしまう。

    その余った餅問題は美味しく解決したい。

    ワッフルメーカーでお餅を焼くと「モッフル」に。

    Michiko Tokuoh / BuzzFeed

    ワッフルメーカーをー使って、お餅をワッフルのようにして食べる「モッフル」。

    予熱したワッフルメーカーにお餅をそのまま乗せて蓋を閉じること3分〜5分で完成。より餅感を残したい場合は3分くらいで、周りのサクッと感を重視する場合は5分くらい焼くと良い。

    Michiko Tokuoh / BuzzFeed

    見た目は本当に「白いワッフル」。好きなトッピングをかけてワッフルのように食べると美味しい。

    お餅なのでモチっとしているのは当然だが、モチっと感が普通のお餅ともまた違う。ポンデリングをよりモチっとさせた感じ。とにかく美味しい。

    たい焼き器でもモッフル。

    Michiko Tokuoh / BuzzFeed

    たい焼き器でもかわいいお餅たい焼きができる。プレーンのたい焼きにトッピングをして食べるのも美味しいが、餅を薄く切って間に具を詰めると美味しい。

    通常の餡子はもちろんのこと、ハムとチーズを挟んで作ると最高のおやつになる。餅とチーズは相性が良すぎだと思う。

    これぞ「およげ! たいやきくん」だ。

    Michiko Tokuoh / BuzzFeed

    お餅の食感を残すために、時間を短めに焼いてから、ぜんざいに入れると、見た目も非常にかわいいぜんざいができあがる。

    鯛が泳いでるぜんざいなんて、めでたくて鏡開きにもぴったりだ。

    モッフル専用メーカーはさすがに快適。

    Michiko Tokuoh / BuzzFeed

    モッフルはワッフルメーカーやたい焼き器でも作れるが、専用のモッフルメーカーも売っている。

    硬いお餅に、熱が均一に伝わるような開閉プレートの仕組みになっていたり、お餅に適した焼き温度設計だったりと、美味しいモッフルが作れるようになっている。

    Michiko Tokuoh / BuzzFeed

    いざ作ってみると、水平開閉プレートでお餅が滑らず焼きやすい。プレートも適度な大きさで、具材をサンドしても溢れない。

    好きな具材を入れてどんどんアレンジできるのがとても良い。

    限定鯖缶でサバサンドランチ。

    Michiko Tokuoh / BuzzFeed

    家にあるもので軽くランチという時にオススメなのが、お餅と鯖缶を使ったサバサンド。サバの味噌煮缶などのストックがあるなら、それをサンドするだけで期待を超えるランチが楽しめる。

    ちなみにこちらの鯖缶はLOHACO限定商品。三陸水揚げ鯖缶シリーズの洋風味付けの逸品だ。

    Michiko Tokuoh / BuzzFeed

    骨まで食べられるこちらの鯖缶をスプーンなどでほぐして、薄く切ったお餅の上に乗せてさらにお餅を重ねてサンドする。

    家中にいい香りが漂って来たらできあがり。見た目も味も、和と洋のコラボサンド。これは余った餅の消費というよりも完全にご馳走ランチである。

    モッフルすごい。

    いろいろな食材をトッピングしたり、挟んだりと、モッフルが楽しくて美味しくてどんどん消費できちゃう。

    むしろ、お餅が足りなくなって追加で買ってしまう勢い。ちなみに今回は新潟産こがねもち100%使用「杵つき餅」を使ってみた。

    チーズに絡めて餅入りチーズダッカルビ

    モッフルだけではない。晩御飯のメインにだって使えちゃう。おせち料理の後は、ちょっと味の濃いこってりしたものも食べたくなる。

    そんな時には餅入りの「チーズダッカルビ」などいかがだろうか。

    BRUNOのホットプレートが大活躍。

    Michiko Tokuoh / BuzzFeed

    大人気のBRUNOのホットプレートはメインのおかず作りにもとても良いサイズだ。

    通常のダッカルビの仕上げに、小さめに切ったお餅を入れて蓋をして柔らかくなるまで蒸し焼きにする。仕上げに、川を作るように真ん中にたっぷりのチーズを入れて溶けたらできあがり。

    Michiko Tokuoh / BuzzFeed

    チーズに具材を絡めながら食べるチーズダッカルビ。お餅とチーズの相性はやはり良すぎる!

    お酒もご飯も間違いなくすすむ。寒い夜にもぴったりであります。

    ※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がBuzzFeedに還元されることがあります。