back to top

2018年に人生をリセットする18の方法

専門家なわけじゃないけど、2018年が2017年より悪い年になるわけはないと思う。

2017年は、どうでしたか?

FOX

私にとっても、サイアクでうんざりする1年だった。なので、2018年を自分の手で良い年にするために何ができるか、リストを作ってみました。

1. 自分の人生から、有害(トキシック)な人を追い出す。

言葉にすると陳腐な感じがするかもしれないけど、行動にすると勇気が出る。あなたの人生に付加価値を与えてくれない人は、それが友達であれ恋人であれ、恐れずその人と縁を切って、自分のことを優先しよう。
@daddyissues_ / Via instagram.com

言葉にすると陳腐な感じがするかもしれないけど、行動にすると勇気が出る。あなたの人生に付加価値を与えてくれない人は、それが友達であれ恋人であれ、恐れずその人と縁を切って、自分のことを優先しよう。

2. 負けを認めることを学び、先に進むべき時を知る。

ABC

こんな言習わしがある。「欲しいもののために戦え」。でも時には、戦う価値がもはやないと知る必要がある時もある。負けを認めて前に進むのは、恥なんかじゃない。むしろ自分にとって良くない人や物、場所からは離れた方がずっといいに決まっている。本当だよ。

3. デジタルを全部スッキリさせる。

BuzzFeed

携帯やラップトップは毎日見るものだから、職場や自宅と同じくらい整理整頓しておくべき。思い切って全てすっきりさせるといい。もう使っていないアプリを削除し、いらない写真を捨て、ラップトップの古いダウンロード・フォルダをきれいにし、新年に合わせて携帯やパソコンの背景画像を変えてイメチェンしよう。

4. 未読メールをゼロに。

@sanebox / Via pinterest.com.au

何であれ、数字がどんどん大きくなるのはストレスが溜まるものだけど、メールは特にそう。未読のメールをそのまま残せば残すほど、どうしようもなくなって放置してしまう可能性は高くなるかも。なので、今年は年初から1年を通じて、受信ボックスをきちんと管理できる状態にしておこう。

5. 健康第一。心も、体も。

Me: Who needs antidepressants? I'll just listen to Hey Ya by Outkast daily Narrator: But things were not alright alright alright alright

Via Twitter: @abbynotabigail_

「健康になる」という新年の誓いは、体の健康だけに限るべきじゃない。もちろんトレッドミルで走るのもいいけど、もし疲れていたりストレスを抱えていたりしたら、心への効果は期待できない。瞑想や呼吸法を試したらどうだろう。必要なら、心の専門家に相談するのもありだと思う。

6. 必要な時は、手を貸してとお願いする。

NBC

仕事であれプライベートであれ、必要な時に手を貸して欲しいとお願いするのは恥ずかしいことなんかじゃない。力を貸して欲しいと求めるのは弱さの現れではないし、自分で手に負えない時は他の人に助けを求める癖をつけた方がいい。

7. クロゼットの中を断捨離しよう。

FOX

いらないもの、使わないものを全て処分しよう。半年着なかった服や「いつかは着られる」なんて服を取っておくのはやめて、人生を整理整頓しよう。そうすればもっとスペースができるし、新しいものを買った時の罪悪感がずっと軽くなるはず!

8. あらゆるところをしっかり掃除しよう。自宅、車、職場のデスクなど。

Nickelodeon

「時間がある時に掃除しよう」と思って、散らかったまま我慢することってよくある。でも問題は、掃除する時間なんて意図的に作らない限り絶対できないこと。年始に大掃除をしてしまえば、年末までその状態を維持しやすくなるはず。

9. 年ごと、月ごと、週ごとの目標をリストにしよう。

そう、新年の誓いを立てるのは良いこと。でも新年から6週間後も誓いが守られているのはなかなかないと思う。達成したい目標を、実現可能な年単位、月単位、週単位で考えてみたらどうだろう。そうすれば継続しやすくなるし、実際に1年間ちゃんと実行しやすくなると思う!
BuzzFeed

そう、新年の誓いを立てるのは良いこと。でも新年から6週間後も誓いが守られているのはなかなかないと思う。達成したい目標を、実現可能な年単位、月単位、週単位で考えてみたらどうだろう。そうすれば継続しやすくなるし、実際に1年間ちゃんと実行しやすくなると思う!

10. 新しい趣味を見つけたり、何か新しいことをやったり学んだりして自分に課題を与えよう。

NBC

変えたいと思う悪い習慣があるなら、新しい趣味を見つけて時間をそっちのために使うといいかもしれない。ネットフリックスを見ていた週5時間を、ガーデニングや、新しい言語習得に使おう。今年が終わるころまでには、何かを続けたとか新しいスキルを手にしたとかの達成感を抱けるはず。

11. 良質の睡眠を取ろう。

FOX

しっかりとした8時間の睡眠は体にすごくいい。目覚めた時に元気が出るし、生産性もアップする。毎日の8時間睡眠を2018年の目標にしよう。当然、必ず実行できるわけじゃないけど、しっかりした睡眠が取れるように1日を計画的に過ごすだけでも、2017年よりもずっと多くの睡眠を取れるようになるはず。

12. ベッドメイクする癖をつけよう。

@smartbedding

そう、とても簡単なことだけど、効果は抜群。人生が少し大変な時期、長い1日が終わった後に整ったベッドに倒れ込むのは、想像以上にずっと気持ちいいはず。ベッドメイクの習慣そのものが、朝の日課の中での癒しの時間になるかも!

13. 視点を変えてみる。

Universal Pictures

視点はまさに、幸せを手に入れる鍵。2018年は考え方を変えて、自分と他人を比較するのをやめよう。もしくは「今」という考え方に固執しているなら、もっと大局的に見るようにしてみよう。

14. 本当は嫌なのにイエスと言うのをやめよう。

Universal Pictures

2017年の後半に私が学んだのは、誰に対しても何の借りもないってこと。何かをする義務もないし、自分のために時間を使うのに罪悪感を抱く必要も絶対ない。2018年は、何かをしたくない時や、疲れ切っていてむしろ寝たいと思う時は、自信を持ってノーと言えるようになろう。

15. 自分の経済状況を把握し、目標と貯蓄計画を立てよう。

Bravo

退屈な話だよね、分かる。でも本当にこれはやった方がいい。たとえ週末の小旅行のような小さな目標でも、自分のお金の使い方を分析して何を貯金に回せるかを見つけられれば、早く達成できるはず。ずっと欲しかった靴を買うために数カ月間は外食を週1回減らす、みたいな簡単なものでもいい。

16. 自発的に、誰かのために何かいいことを毎日しよう。

不愉快な気分の時に誰かがふと褒めてくれたら、どれだけ気分が良くなるか考えてみて。何か大きなことじゃなくてもいい。人への親切は、相手の気分を上げるだけでなく、自分自身の気分も上がるから!
Via Twitter: @localraisin

不愉快な気分の時に誰かがふと褒めてくれたら、どれだけ気分が良くなるか考えてみて。何か大きなことじゃなくてもいい。人への親切は、相手の気分を上げるだけでなく、自分自身の気分も上がるから!

17. 自分に植物を買ってあげよう。

確かにばかばかしく思えるかもしれない。でもちょっと待って、最後まで聞いて。面倒を見る必要がある何かを手に入れることで、責任を学べるし、決まった習慣が生まれる。1日の中で植物に水をやるための5分は、自分自身のための5分にもなる。パソコンなどを使わずにひとりで過ごす5分間がいかに貴重か、意外と気づかないものかもしれない。
BuzzFeed

確かにばかばかしく思えるかもしれない。でもちょっと待って、最後まで聞いて。面倒を見る必要がある何かを手に入れることで、責任を学べるし、決まった習慣が生まれる。1日の中で植物に水をやるための5分は、自分自身のための5分にもなる。パソコンなどを使わずにひとりで過ごす5分間がいかに貴重か、意外と気づかないものかもしれない。

18. 最後に、2017年の嫌なものは全部、2017年に置いて前に進もう。

Via Facebook: soylentmemes

もちろん、2017年は嫌なこともあった。でも過去のドタバタを新年に持っていって一体何になるのかな? 2017年にあったネガティブなものはすべてそこに置いたまま、新たな気持ちで新年を始めよう。

この記事は英語から翻訳されました。