back to top

新入社員が思ってることわかりますか? 上司が知っておきたい5つの本音

隣の席の新入社員はこんな風に思っていたのか…

マイナビは、新入社員研修に参加した2372名を対象とした「2017年マイナビ新入社員意識調査」を発表した。そこから新入社員の本音が明らかになった。

仕事とプライベートのどちらを優先したいか聞いたところ、「プライベート優先の生活を送りたい」が14.6%。「どちらかというとプライベート優先の生活を送りたい」が47.8%となり、合わせて62.4%が“プライベート優先”と回答した。

このプライベート優先という回答は、2011年と比べると19.3%増加している。新入社員には、個人の生活を重視する傾向があるようだ。

この傾向は「アフター5(業務終了後)に会社の人と過ごすこと」にも表れている。会社の人と過ごすことに消極的な意見を持っている割合は81.2%だった。

さらに、残業についても「残業はしたくない」が「なるべく」と「絶対」合わせて28.9%となっている。

一方で「出世したいと思うか」について質問したところ、「出世したい」が41.9%、「どちらかといえば出世したい」が46.4%という結果となった。合わせて88.3%が“出世したい”と回答し、例年通り高い割合となった。

新入社員の多くがプライベートを充実させながら、出世したいと考えているようだ。

そして、「社会人になることに対してストレスを感じたことはあるか」との問いには、77.3%がストレスを感じたことがあると回答した。

一方で「社会人生活に対する期待の度合い」を聞いたところ、68.0%が「社会人になることに期待している」と回答しており、社会人になることに対して期待と不安の両面があるようだ。

また、三菱UFJリサーチ&コンサルティングが、セミナーを受講した新入社員1333名に「仕事や職場に関する不安について」聞いたところ、「上司・先輩・同僚との人間関係」が不安だと61.9%が回答している。

このように新入社員は仕事に関してストレスや不安を抱えているため、受け入れる企業側のフォローの必要性があるようだ。


Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss