2016年9月13日

    酸攻撃を受けたモデル ニューヨークでランウェイを歩く

    レシュマ・クレシさんは、2014年5月に濃硫酸を浴びせられた。

    酸を顔にかけられる暴力を生き抜いた、19歳のインド人モデルが先週、ニューヨーク・ファッション・ウィークのランウェイを歩いた。

    Trevor Collens / AFP / Getty Images

    レシュマ・クレシさんは、2014年、義理の兄に襲われ、顔に硫酸を浴びせられた。彼女の両目は永久に治らない傷を負い、顔の一部は崩れた。

    クレシさんは、インド人デザイナーArchana Kochharがデザインした服を着て、歩いた。

    Trevor Collens / AFP / Getty Images

    クレシさんは、酸攻撃を受けた生存者のリハビリを支援する非営利組織「Make Love Not Scars」と活動を共にしてきた。

    Trevor Collens / AFP / Getty Images

    先月、同団体は、ニューヨーク・ファッション・ウィークを歩く知らせを受け取ったクレシさんの映像をシェアした。

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com


    「ニューヨークに来たのは初めてなので、とても興奮しています」と彼女は「The Independent」に語った。「みんなが硫酸を浴びせられた人の話を聴き、ごく普通の生活を送ることができるのだと知ることが、重要だと思うのです」

    Trevor Collens / AFP / Getty Images



    Want amazing beauty and style tips twice a week? Sign up for the As/Is newsletter!

    Newsletter signup form