米人気モデルが、妊娠線の“写真修正”を拒否→美しすぎると話題に

    今年、第1子を出産した人気モデルのアシュリー・グラハム。水着ブランドの広告では妊娠線の修正を拒否し、その姿が美しすぎると話題に。

    今年1月、第1子を出産した米人気モデルのアシュリー・グラハム。

    「出産後につけるようになったオムツがお気に入り」と投稿するなど

    自身のインスタグラムで発信している、妊娠・出産後の体型の変化や日常の様子が「リアル!」と注目を浴びている。

    「ありのままの姿が美しい」と思わせてくれるアシュリーの発信は、ソーシャルメディアだけにとどまらない。

    水着ブランド「スイムスーツ・フォー・オール」の広告では、妊娠線の修正を拒否。その姿が美しすぎる、と話題を呼んだ。

    「シンプルで美しい。だけど、パワフルなの」

    「産後、私自身の感じ方や見た目の変化があるのは分かっていた。もちろん以前とは違うけど、新しい形の『喜び』があった」とアシュリーは付け加えた。

    アシュリーのポジティブな姿勢は、彼女のインスタグラムからチェックできる👏

    Instagram / @ashleygraham

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:オリファント・ジャズミン