back to top

結婚式の立会人を2時間で見つけなくてはならなかったカップル。ネットで呼びかけると…

ぜひ立会人になっていただけませんか?

こちらはカナダのエイナヴ・モルゲンシュテルンさんとタマル・ヤヘルさん。先月、トロント市庁舎で結婚式をあげる準備をすっかり整えていた2人は、思いがけず大きな壁にぶつかりました。立会人をつとめるはずだった友人2人から、参加できなくなるかもしれないと言われたのです。

Einav Morgenstern

2人はイスラエルですでに式は挙げていました。イスラエルでは、同性婚は認められてはいないませんが、他国で同性婚をした場合は自国でもそれが認められます。

トロントでの結婚式は、2人にとって結婚を正式なものにするためのもので、立会人が必要でした。

式を挙げる予定の市庁舎で、誰かをつかまえて立ち会いをお願いすることもできましたが、彼女たちには別の考えがありました。 Bunzです。BunzはFacebook上のコミュニティーで、ユーザーが物を取引したり助けを求めたりする一連のグループで成り立っています。モルゲンシュテルンさんは、Bunzのトレーディング・ゾーン(Trading Zone)にこちらのメッセージを投稿しました。

広告

みなさん、私と私のパートナーは10年近く一緒にいます。子供も育てていて、もうすぐ二人目もやってくる予定です。何年か前に、イスラエルで親族と友人だけで式は挙げているものの、イスラエルでは同性婚は認められていません。今はカナダに住んでいるので、この国で正式にカップルとして認められたいと思っています。

トロント市庁舎で11時に式をする予定です。10-20分ほど時間があるようでしたら、ぜひ立会人になっていただけませんでしょうか?

お返しに、あなたに祝福と愛を送りたいと思います。

メッセージは大きな反響を呼びました。「数分の間に何百件もの『いいね』をもらい、コメントもたくさん寄せられました」とモルゲンシュテルンさんは、BuzzFeed Canadaに語りました。

カメラマンのサージド・ムータラさんがBunzのメッセージを目にしたのは起きてすぐでした。結婚式の約1時間前のことです。

Saajid Motala

「その日は写真撮影の予定が入っていたのですが、ギリギリのタイミングでクライアントにキャンセルされ、少しイラついていました」と、ムータラさんはBuzzFeed Canadaに語りました。

彼は、一日中ベッドでごろごろしているよりも、誰かの助けになることをしようと決めました。

「ボクサーパンツ1枚でベッドから転がり出た僕は、このちょっとした素敵な投稿を見つけました」と彼は語りました。

仕事はキャンセルされましたが、それに備えて撮影機材はすでに充電され、荷造りも完了していました。そこで彼は、立会人兼カメラマンとして式に参加できることを、モルゲンシュテルンさんとヤヘルさんに伝えました。彼は大急ぎでスーツを着込み、なんとか午前10時45分までに市庁舎にたどり着くことができました。

子育て中の専業主婦モニカ・ケリーさんが投稿を見たのは、グレープ・ジェリーを作っている時でした。「『行かない理由はある?』と思ったんです」と彼女は言いました。

Monica Kelly

トランスジェンダーの息子をもつケリーさんは、LGBTコミュニティーの熱心な支援者です。そのため、この投稿には心を動かされました。

「彼女たちの国では彼女たちの結婚が合法的なものとして認められないなんて、本当に悲しいことだと思ったんです。ここではそれが認められているのですから祝福すべきです」と彼女は語りました。

彼女は路面電車に飛び乗り、開始10分前に市庁舎に到着しました。

ダンスカレッジでアート・アドミニストレーターを務めるリーリャ・スルタノバさんが投稿を見たのは、ちょうど出勤しようとしていた時でした。「上司にメッセージを送って、市庁舎で行われる結婚式があってそれに参加したいので、少し遅れて出勤しても構わないか、と聞きました」と彼女は語りました。

Lilya Sultanova

「イスラエルでは、同性婚が他の国で届け出をすれば認められるなんて、知りませんでした。自国では合法的に結婚できなかったというカップルを何組か知っていましたから、彼女たちの式に参加することには一層意味があったんです」と、スルタノバさんはBuzzFeed Canadaに伝えました。

俳優のケン・ファーガソンさんはその日は調子をくずしていたそうですが、投稿を見てカップルを助けられるとわかった彼は、「すぐさま元気を取り戻した」そうです。

Ken Ferguson

「日本に住んでいたことがありましたから、外国に住むのがいかに大変かは知っています。ましてや結婚するために外国語で書類をうめなきゃいけないなんて!」と、彼は BuzzFeed Canadaに語りました。

ファーガソンさんはスーツを着込み、自転車にまたがり、花嫁に渡す花束を2つもって市庁舎まで一気にこいで行ったそうです。

初対面同士の4人の立会人が集まり、モルゲンシュテルンさんとヤヘルさんが結ばれるのを見守りました。

Saajid Motala / Via mixtapephotos.com

「結婚式は、イスラエルでの自分たちの権利を子供たちのために守るのに必要な、形式ばったものとしかとらえていませんでした」とモルゲンシュテルンさんは語ります。

彼女たちには子供が1人いて、これからもう1人生まれる予定です。

「皆さんからの応援をもらい、祝福されたことで、式はずっと特別なものになりました」と彼女は言います。「彼らが、予定していたことをすべてとりやめて、暖かく、早く、私たちの頼みに応じてくれたのは、素晴らしすぎると思いました」

市庁舎の司式者は、通常2人のところ、4人のすべての立会人が署名することを許可し、式はさらに特別なものになりました。

モルゲンシュテルンさんによると、同性カップルである彼女とヤヘルさんは、物事を従来とは違ったやり方でやるのが好きだそうです。例えば、イスラエルで挙げた結婚式では、非宗教的な式にユダヤ文化を一部取り入れたそうです。

Saajid Motala / Via mixtapephotos.com

「同性愛者としての最大の特権の1つは、様々な式、人間関係、そして人と人との関わりを経験できることです」と、モルゲンシュテルンさんは言います。

初対面同士だった立会人たちも、今はもう、そうではありません。全員が、彼女たちの式に参加できたのは素晴らしいできごとだったとBuzzFeed Canadaに語っています。

「彼女たちは特別な存在です」とムータラさんは言います。「こういう街だからこそ、こういったことを受け入れられるのだと思います。こういったことを受け入れ、このようなことを他人のためにしてあげられるコミュニティーの一員であることを、本当に光栄に思います」

「同性愛者として、手に入れて当然というものは何もないからこそ、何を選択し何をしたいかを決められるという特権が私たちにはあるのだと感じています」と、モルゲンシュテルンさんは言います。「そのために珍しい経験をする機会に恵まれているのです。今回の出来事もそうです」

Saajid Motala / Via mixtapephotos.com

「私たちは、見知らぬ人からの応援と愛を、もらって当然とは考えていません。その応援と愛があったからこそ、式は私たちにとって特別なものになったのです」

Sponsored

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss