インクで描き出すこころの不調のイラストたち

    「必要な時は、恐れず助けを求めよう」

    ショーン・コスは米オハイオ州出身の33歳のプロの画家だ。今年10月、コスはInktober(インクト―バー)として知られるイベントに参加した。10月のひと月の間、世界中のアーティストが1日1枚、インク画を制作するイベントだ。

    Shawn Coss

    昨年、コスは映画 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のキャラクターたちを描いた。今年は、ファンからの提案で、様々なメンタルヘルスの症状をイラストにすることにした。

    Shawn Coss

    解離性同一性障害

    彼のイラストのスタイルはダークだ。今年のInktoberも、そのスタイル貫いた。

    Shawn Coss

    大鬱病性障害

    イラストの制作に没頭する前に、症状について研究した。ファンたちの提案を聞いて、一つのイメージに凝縮させていく。

    Shawn Coss

    離人症性障害

    そしてCossは、ファンたちとつながりが持てるようにと、Facebook Liveでイラスト制作の様子を生で放映する。

    Shawn Coss

    強迫性障害

    コスはこのプロジェクトへの反響は「想像を絶する」ほど大きなものだったとBuzzFeed Newsの取材に語った。

    Shawn Cross

    双極性障害

    「反応はおおむね肯定的ですが、中には僕の絵のスタイルのせいで障害を『センセーショナルに、大々的に表現しすぎている』と言って、肯定的な受け止め方の流れを遮ろうとする人もいます」

    Shawn Coss

    依存性人格障害

    最初は、自分の作品のスタイルを守る必要を感じた。最終的には、自分が好きなアートを作成し、それがほかの人たちにも受け入れられることに満足感を得たという。

    Shawn Coss

    脱抑制性社交障害

    こうした症状を描くうえで難しいのは、症状の受け止め方は人それぞれで、主観的であることだという。

    Shawn Coss

    心的外傷後ストレス障害

    「ある障害の描写が実際からかけ離れているとコメントする人もいれば、まさにドンピシャだという別のコメントがあります」

    Shawn Cross

    自閉症スペクトラム障害

    コスは自分の Facebook ページ 上でイラストをシェアしている。そして、「必要な時は、恐れず助けを求めよう」とメッセージを添えている。

    Shawn Cross

    広場恐怖症

    Shawn Cross

    妄想型統合失調症

    コスはファンたちが作品を楽しんでくれること、そして作品がファンたちの心の病を助けることにつながれば「それを100%支持します」と語る。

    「誰もがいろんなレベルで精神的な不調の影響を受ける。今回の経験が僕にとって、メンタルヘルスの世界への新しい扉を開いてくれるかもしれない。その一方で、インターネットという深遠に消え去っていくのかもしれない」。

    彼の作品がもっと見たい人は、InstagramFacebook、またはウェブサイトをのぞいてみよう。