「ライオン・キング」、アニメ版と超実写版ではここが違う!

    全編フルCG、超実写版のディズニー映画「ライオン・キング」は8月9日全国公開です!

    注意:実写版「ライオン・キング」のネタバレを含みます!

    1. 実写版のシェンジは、アニメ版よりもずっと邪悪。

    2. ハイエナペアのバンザイとエドは、実写版には登場しない。

    3. つまりこの2匹のやりとりも実写版では無し。

    4. アニメ版でスカーが「準備をしておけ(Be Prepared)」を歌うシーンは、実写版ではセリフになっている。

    5. スカーとムファサの関係性は、アニメ版よりも実写版のほうが複雑。

    6. 実写版では、サラビ(シンバの母親)を巡って三角関係に…。

    7. 実写版で、ザズーはスカーに捕まらない。

    8. ということは、ココナッツの歌のシーンも無し。

    9. ティモンとプンバァのジョークは、実写版でアップデートされている。

    10. アニメ版と比べて、実写版ではナラが多く登場する。

    11. 最後の戦闘シーンでも、ナラは重要な役割を担う。

    12. シンバが故郷に走って帰るシーン。実写版ではビヨンセの曲「Spirit」が挿入されている。

    13. 実写版のラフィキは杖を持っていない。登場シーンもアニメ版より少ない。

    14. シンバを諭す名シーンも、実写版では無し。

    15. アニメ版では謎に包まれていた「ラフィキはどうやってシンバが生きているとわかったのか」という疑問の答えが、実写版では描かれている。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:髙橋李佳子