back to top

2000年前のバターが発掘された。ちなみにまだ食べられるらしいぞ

理論上はね。

広告

バターは、中世初期アイルランドでは高級食品と考えられていた。博物館によると、税金や家賃を支払うために使用されたほどだという。

また、古代のアイルランドでは、神秘的な価値もあったという。安全と財産を守るために、精霊や神へのささげ物として、地中深くに埋められたそうだ。

「このバターが見つかった湿地帯は、人があまり立ち入れない、神秘的な場所でした」とハルピンは言う。

湿地には、バターを保存するのに向いている、低温、低酸素、そして高い酸性の環境が揃っているそうだ。

この乳白色の乳製品は、バターよりも、砕けやすい質感で、「強いチーズのようなにおいがする」という。

「理論上は、まだ食べられます」とアイルランド国立博物館のハルピン。 「でも、それが賢明だとは言えません」

バターは、調査・分析のため、アイルランド国立博物館に引き渡された。

友だち追加数

Leticia Miranda is a retail reporter for BuzzFeed News and is based in New York.

Leticia Mirandaに連絡する メールアドレス:leticia.miranda@buzzfeed.com.

バズフィード・ジャパン グローバル・アダプテーション・エディター

Mamiko Nakanoに連絡する メールアドレス:Mamiko.Nakano@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored