back to top

人種差別が日常的だった瞬間をとらえた、意外な「歴史的証拠」たち

1900~1930年代に出回っていたバレンタインカードのコレクション15枚。この時代にいかに人種差別が日常的に行われていたかがよくわかる。

1900年代初期、人種差別的なイメージが消費者製品に広く使用されていた。それはバレンタインデーでも同じことで、人種的な差を風刺したものやステレオタイプ化した画像でユーモアを伝えていた。Northwestern大学のHarvey Young, Jr.准教授は、 昨年行った講義 で人種差別的なバレンタインデーグッズについて このような発言 をした:

これらのバレンタインカードは、その当時起きていた人種差別に対する考え方を具体的な物としてとらえています…こうしたカードがいかに普通で、日常的で、広く受け入れられていたのかを実感できます。社会で人種主義がもっとあからさまだった過去の瞬間を示しているのです。

広告
広告
広告

この記事は英語から翻訳されました。

Leonora Epsteinに連絡する メールアドレス:leonora.epstein@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.