4歳の息子に隠しマイク仕込んでみた結果www

    「いち、に、いち、に」

    カナダ在住、ホッケーコーチのジェレミー・ループと4歳の息子のメイソン。

    Jeremy Rupke

    ジェレミーは、コーチ業の傍ら、ホッケーに関する動画制作や執筆活動も行なっている。

    お父さんの影響でホッケーを始めたメイソン。

    Jeremy Rupke

    ジェレミーいわく「僕も父にホッケーを習いました。父も祖父に習いました。だから、男の子でも女の子でも、僕も子供ができたらホッケーを教えようと思っていたんです」

    ループ一家が住むオンタリオ州バリーの街の地元リーグ「ティムビッツ」でプレーするため、メイソンはホッケー教室に通っている。

    ホッケー教室に付き添ううちに、「うちの息子は練習中におしゃべりが多いな」と気付いたジェレミー。

    何を喋っているんだろう…。そこで、メイソンに隠しマイクを仕込んでみることに!

    「ホッケー教室に通う4歳の息子に、隠しマイクつけてみた」

    YouTubeでこの動画を見る

    youtube.com

    ジェレミーは、練習するメイソンの隠し撮りと、隠しマイクで録音した音声をあわせ、字幕をつけた動画をYouTubeにアップ。

    メイソンの言動がかわいすぎると大ヒット動画になっている。

    「お調子者でフザけちゃうタイプの息子なので、面白い言動を期待してはいました」とBuzzFeedに語ったジェレミー。隠しマイク動画は大成功!

    「ぼくはスコアダーだ!」

    スコアーとは、たぶんスコアラーのこと。リンクに立つまえから、すでに落ちていたゴミをシュートして遊ぶメイソン。

    2月なのに「ハッピーハロウィン」と友達に挨拶しているのもかわいい。

    「だいじょうぶ、だいじょうぶ」

    面白い言動は期待していたものの、メイソンの自身を鼓舞するような発言にはジェレミーもびっくり。

    「だいじょうぶ、がんばれと自分を励ます言動には、感心しました」

    「スケート中にこういう発言がでる我が息子に誇りを感じました」

    「いち、に、いち、に」

    「かったー! かったぞー!」

    「おひるねしよーっと」

    youtu.be

    ホッケーへのやる気の波が、そのまま口にでるタイプ。

    「このあと、バードナルドいく?」

    youtu.be

    バードナルドとはマクドナルドのこと。スポーツ教室に通う全こどもから共感するコメントが出ていた。

    バードナルドいくぞー!

    Jeremy Rupke

    動画公開から2日で再生回数350万回を突破し、現在すでに460万回以上再生されている。

    ホッケー動画を長年制作してきたジェレミーだが、ここまでのヒット動画は初めて。

    コメントした人の中には「自分の子どもにも隠しマイクつけてみようかな」という人も。

    YouTubeで大注目されたメイソンだが、このことは彼が大きくなるまで秘密にしておくとのこと。

    この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan