back to top

スカンクを助ける前に防護服を着た医療隊員。気持ちは……わかるね

「私たちはあらゆる『患者』を助けている」

救急医療隊員のジャスティン・マーズは、ある日曜日、シフト勤務をしていた。その時、小さな頭にコップがはまってしまい、とれなくなってしまったスカンクに遭遇した。

An earlier video of our "Patient", the poor thing was bumping into walls when we found it. @Peel_Paramedics

「私たちの『患者』。見つけた時、壁にぶつかっていた」

広告

ジャスティンはスカンクを助けたかったが、スカンク近づくと強烈な臭いの分泌液を放つ可能性がある。オナラの悪臭をぷんぷんさせて、その日の残りの時間を過ごすのは嫌だったジャスティンは、スカンクを助けるのを躊躇した。ただ、ありがたいことにジャスティンは救急医療隊員で、バイオハザード対策用の防護服を使うことができた。

防護服を着ていても、ジャスティンはすごく慎重に、スカンクに近づいた。ゆっくりと近寄って、コップをつかみ、スカンクを逃してあげた。

Our 'Rescue' this morning: a skunk with a cup stuck on its head @Peel_Paramedics help all sorts of "Patients"

「今朝の救出劇。私たちはあらゆる『患者』を助けている」

スカンクは、分泌液をジャスティンにかけようとしたが、彼は何とかか身をかわすことができた。

@WpgMootz I managed to dodge a spray earlier, fortunately the skunk couldn't see me! I could stay out of the line of fire

「分泌液からは、幸い逃れることができた。スカンクは私を見ることができなかった。よかった」

友だち追加数

Sponsored

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss