back to top

自分までアイスクライミングをしているみたい。手に汗握る画像13

アイスクライミングの聖地を取材した。

2018年2月初旬に行われた5日間の登山祭ミシガン・アイス・フェスティバル。約1000人にもなる氷山登山者がミシガン州アッパー半島のピクチャーズ・ロックズ・ショアラインに集まり、フェスティバルに参加した。30年以上前から非公開で始まったこのフェスティバルは、アメリカで最大規模の最も歴史あるアイスクライミングイベントとして成長を続けてきた。今年はアイスクライミングに最適なコンディションのため、マンシングにあるスーペリア湖沿岸に位置する氷壁に30州と7カ国のスリルを求める老若男女が集まった。

BuzzFeedは写真家のマーク・フェリックスを現地に送り、熱心な登山家が登山用ハーネスを掴んで登ったり、登山靴にアイゼンを装着したり、アイスアックル(鎌状のピッケル)を両手に握りしめたりして巨大な氷の壁を登る様子を取材した。

Mark Felix for BuzzFeed News
広告
Mark Felix for BuzzFeed News

参加した登山家たち(左から時計回り):ミシガン州マルケットのカール・ベーレント氏、ペンシルベニア州エリーのニール・ブライス氏、ルイジアナ州バトンルージュのマイク・マルゴー二氏、ウィスコンシン州マディソンのローラ・アンドリュース氏。

広告

さらにMark Felix氏の撮影した写真作品を見たい場合は、こちらInstagramをご覧ください。

この記事は英語から翻訳されました。
翻訳:フェリックス清香 / 編集:BuzzFeed Japan

広告
BuzzFeed JapanNews

Laura is a photo editor for BuzzFeed News and is based in Los Angeles.

Laura Geiserに連絡する メールアドレス:laura.geiser@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.

Sponsored