back to top

斧を持った女性がコンビニに入り、そして人を襲う… あまりに衝撃的な映像が裁判で流された

警告:この記事には、生々しい映像や画像が含まれています。

斧で襲撃を受ける少し前のセブン-イレブン内部の写真(シドニー)。
District Court

斧で襲撃を受ける少し前のセブン-イレブン内部の写真(シドニー)。

午前2時にシドニーのコンビニエンスストアで、2人の客が斧で襲われる瞬間を捉えた防犯カメラの映像を、陪審員は視聴した。

イーヴィー・アマティ被告(26歳)は、ニューサウスウェールズ州地方裁判所において、2017年1月7日未明にシドニー郊外のエンモアにあるコンビニで起きた事件で裁判にかけられている。

被害者のベン・リマーさんとシャロン・ハッカーさんは、店内にいるところを斧で襲撃され、負傷した。

3人目の被害者であるシェーン・レッドウッドさんは、外の通りにいたところを襲いかかられたが、リュックを楯にし辛うじて斧で切りつけられずに済んだ、ことが裁判で明らかにされた。

District Court

アマティ被告、ハッカーさんに対して、2度目の攻撃をするところ。

アマティ被告は、6件の罪名で無罪を訴えている。訴因には、殺害目的での傷害と、被害者に重症を負わせた件の2つの罪名が含まれる。事件当時、被告は精神障害を患っていた、と被告の法廷弁護士は主張している

7月10日午後、男性8名、女性4名で構成される陪審員は、防犯カメラが捉えた映像を視聴した。

映像には、被害者のリマーさんが店に入った後に、アマティ被告が斧を手にし、駐車場を横切り、店に歩いてくる姿が捉えられている。

アマティ被告が店に入り、陳列棚の周りを歩いている姿が映っている。その後、リマーさんと少し会話をし、もうひとりの被害者であるハッカーさんは支払いをしている。

次に、アマティ被告が、斧を振りかざし、リマーさんの顔を攻撃、ハッカーさんの後頭部を切りつけている。

2打目はハッカーさんには当たらなかったものの、鞄のストラップの一部を切っていることが裁判で分かった。

アマティ被告が店を出た後、立ち上がったリマーさんの顔から血が吹き出す様子が映っている。

video-player.buzzfeed.com

7月9日にあった冒頭陳述では、被告の法廷弁護士であるチャールズ・ウォーターストリートさんは次のように述べている。

「防犯カメラの映像では、被告の身体が攻撃を実行していることは疑う余地はありませんが、審判員に尋ねたいのは、イーヴィー・アマティ被告の心、脳、あるいは魂が、あの夜に身体が起こした行動の法的、道徳的な責任を持っているかです」

陪審員が映像を見る際に、被告も映像を視聴し、映像の中の自分がリマーさんに最初の一撃をくらわせるのを見ながら後ずさりした。

映像が切り替わり、2台目のカメラからの映像が再生されると、斧を振り下ろす場面で被告は再び後ずさりし、泣き出した。

9日の証言で、被害者のリマーさんは、顔への襲撃は、いきなりだったと話している。この打撃で、顔に10センチの裂傷を負い、鼻、頬、眼窩は骨折した。

「立ち上がったら血だらけで、大量に出血していて血が止まりませんでした。それでパニックになり始めました。出血多量で死ぬと思いました」とリマーさんは証言している。

もうひとりの被害者であるハッカーさんは、店を出ようとしたときに、頭の後ろで風を切る音を聞いたと話している。

「その後に自分が倒れる感覚があって、ものすごく強い力で頭を殴られたことに気づきました。目を開けると、20代前半、身長は170センチくらいの金髪の女が、斧を持っているのが見えました」とハッカーさんは証言している。

「そこで理解しました。たった今、斧で頭を打たれたのだと」

頭蓋骨を骨折し、神経痛が続いており、一度に3時間以上は眠れない、とハッカーさんはいう。

検察官のダニエル・マクマホンさんによると、ハッカーさんの厚みのあるドレッドヘアが、斧に対して楯のような役割を果たし、さらに大怪我を負うことを防いだ、とのことだ。

裁判官マーク・ウィリアムズさんの下、裁判は続く。

この記事は英語から翻訳されました。翻訳:五十川勇気 / 編集:BuzzFeed Japan


Lane Sainty is a reporter for BuzzFeed News and is based in Sydney, Australia.

Lane Saintyに連絡する メールアドレス:lane.sainty@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here.