back to top

世界各国の「二日酔いを治すもの」11選

冒険家は試してみよう

昨日、飲みすぎちゃった…

朝目が覚めると頭がかち割れそうなくらい痛い。口の中はまだアルコールの味がして、かなり気持ち悪い。

そんな辛い二日酔いを楽にするために何を食べる?しじみ汁?

世界の「二日酔いに効くもの」はかなり興味深かった!

1. イギリス:イングリッシュブレックファースト

大皿にたくさん盛られた料理。卵、ベイクドビーンス、ベーコン、トマト、ブラッドソーセージ(豚の血でできたソーセージ)が基本。脂っこいものが二日酔いに良いんだとか。
Joegough / Getty Images

大皿にたくさん盛られた料理。卵、ベイクドビーンス、ベーコン、トマト、ブラッドソーセージ(豚の血でできたソーセージ)が基本。脂っこいものが二日酔いに良いんだとか。

2. ポーランド:ピクルスジュース

ポーランドとその近辺の国で人気なのがピクルスジュース。水、酢、炭酸が入っている。
Kuba61 / Getty Images

ポーランドとその近辺の国で人気なのがピクルスジュース。水、酢、炭酸が入っている。

3. イタリア:エスプレッソ

二日酔いで起きたイタリア人はとりあえずエスプレッソを何杯か飲むらしい。
Kucherav / Getty Images

二日酔いで起きたイタリア人はとりあえずエスプレッソを何杯か飲むらしい。

4. ペルー:トラのミルク

Instagram: @juniorsilvaof

ペルーでは「トラのミルク」と呼ばれるドリンクを二日酔いの時に飲むことが多い。中にはライム、パクチー、にんにく、オニオン、唐辛子、魚が入ってる。

5. ドイツ:ロールモップス

Instagram: @gtmullers

ロールモップスは、酢に着けたニシンを玉ねぎやキャベツに巻いたもの。ドイツでは「二日酔いの朝ごはん」と呼ばれている。

6. メキシコ:

メキシコの代表的スープと言ってもいいくらいのスープで、激しく飲んだ後に食べる。中には玉ねぎ、にんにく、唐辛子、牛のぞう物などが入っている。
rpavich / Creative Commons

メキシコの代表的スープと言ってもいいくらいのスープで、激しく飲んだ後に食べる。中には玉ねぎ、にんにく、唐辛子、牛のぞう物などが入っている。

7. カナダ:プーティン

ポテトの上にグレイビーソースと粒状のチーズカードをかけた料理。やっぱり脂っこいものは二日酔いに効く?
Juliedeshaies / Getty Images

ポテトの上にグレイビーソースと粒状のチーズカードをかけた料理。やっぱり脂っこいものは二日酔いに効く?

8. デンマーク:ビール

二日酔いはもっと飲めばよくなるという強めな考え方。「回復ビール」と呼ばれている。
keoshi / Creative Commons

二日酔いはもっと飲めばよくなるという強めな考え方。「回復ビール」と呼ばれている。

9. タイ:パッキーマオ

にんにく、お肉、魚を米麺と炒めた料理。「酔っ払いの麺」というあだ名があるらしい。
avlxyz / Creative Commons

にんにく、お肉、魚を米麺と炒めた料理。「酔っ払いの麺」というあだ名があるらしい。

10. バングラデシュ:ココナッツウォーター

確かに水分補給になるし、普通に美味しそう。
Bookybuggy / Getty Images

確かに水分補給になるし、普通に美味しそう。

11. ダチョウの卵オムレツ

南アフリカでは、飲みすぎた翌日にダチョウの卵を割って大きめなオムレツを作る。
JaBB / Creative Commons

南アフリカでは、飲みすぎた翌日にダチョウの卵を割って大きめなオムレツを作る。