テイラー・スウィフトが期日前登場呼びかけ。投票するとテイラーのInstagramに登場できる!

    SNSを使い、中間選挙の投票を呼びかけるテイラー・スウィフト。

    Mark Metcalfe / Getty Images

    アメリカの中間選挙、投票日は11月6日。多くの州で、すでに期日前投票が始まっている(期日前投票の有無、その期間は各州ごとに異なる)。

    29歳のジェイコブ・クラインロックも、期日前投票を済ませた人の1人。中間選挙の投票にはもちろん行く予定だったが、今年、彼女が期日前投票を選んだのはテイラー・スウィフトに影響されて。

    「もしテイラーがSNSで呼びかけていなかったら、期日前投票していなかったと思います」

    そう語ったジェイコブは、コンサートにも何度も足を運んだことがある大のテイラーファン。

    自身のInstagramで期日前投票を呼びかけたテイラー。

    投票して写真とハッシュタグ#justvotedをポストすると、テイラーのInstagramストーリーに掲載することも発信。テイラーのInstagramに登場するなんて、ファンにとっては夢のような話だ。

    Eric Patton

    テイラー・スウィフトのInstagramストーリーでは、このようにエリックなど投票した人たちによる投稿がシェアされている。

    10年以上のテイラーファンである28歳のエリック・パットンは、テイラーの呼びかけに応じて期日前投票をした。テイラーのInstagramストーリーにて自分の投票画像がシェアされた時は、嬉しくてたまらなかったという。

    「お風呂はいって寝ようかなっと思ったら、携帯がなりました。友達みんなが『テイラーのインスタみて! のってるよ!』ってメッセージくれたんです」

    フロリダ州で投票した26歳のジョーイ・マックエルロイは、彼のInstagram投票ポストにテイラーがいいね!してくれたと話す。

    「大声で叫びだしたい気持ち! でもルームメイトがいるので、小さな声で大喜びしました」

    「選挙に参加している、投票している人たちをアピールするというシンプルなことだけど、選挙に興味ない人たちを巻き込むにはテイラーのやり方は素晴らしいと思います」

    18歳の大学生ノエル・スミスは、テイラーのポストによって、地元であるノースカロライナ州で不在者投票の登録をすることを思い出した。

    23歳のアマンダ・ルーリーは、テイラーのInstagramを見たあとすぐに期日前投票に向かった。

    36歳のメガン・ケイシーも、テイラーのメッセージで期日前投票をした。「すでに支持する候補者がいた人たちに大きく刺さったと思います。支持する人はいるけど投票は面倒でいかない人、自分の1票では変わらないと思っている人たちには効果てきめんのメッセージだったと思います」

    テイラー・スウィフト効果

    Megan Casey / Instagram / Via instagram.com

    Vote.orgに取材したところ、テイラーの期日前投票呼びかけ後24時間で、サイトから選挙登録をした人の数は6万5000人。ちなみに、8月の1ヶ月間で登録した人数は5万6669人。

    選挙登録の期限が迫っていたという背景もあるが、ファンはこれを「テイラー・スウィフト効果」だと信じている。

    また、フロリダ大学のミカエル・マクドナルド教授のデータ収集によれば、テイラーのポスト後、10月23日午後の期日前選挙投票数は700万票以上。ハッシュタグ#justvotedの投稿数は2万件を超えており、テイラーの発言が一役買っているのは間違い無い。

    テイラーは、中間選挙で民主党支持を表明。テネシー州で選挙を行う彼女は、上院はフィル・ブリーディサン氏、下院はジム・クーパー氏に投票すると公言していた。

    先述のエリックとメガンはテネシー州在住だ。エリックいわく「今回の選挙はかなり競っていて、数千票が決め手になると思います。だからこそ、その数千人が投票するきっかけをテイラーが作れたなら、ブリーディサン氏に優位に働くかもしれませんね」

    メガンは有名人の選挙呼びかけをこう考えている。

    「もし、自分が強く信じる何かがあって、それについての意見をシェアして、他の人に影響を与えることができるプラットフォームがあるのなら、それはとてもパワフルなことだと思う」

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan