• lgbtjpnews badge
  • lgbtjapan badge

「男性にボディチェックしてもらう?」トランス女性が空港で受けた苦悩を明かす

「(空港での)保安検査を受けるまでの間、私はとにかく不安でたまらない」

ロサリン・モンタナさん(以下、ローズさん)は、アメリカ・アリゾナを拠点に講演者、モデル、俳優、メイクアップ・アーティストなど多方面で活動している、ヒスパニック系のノンバイナリー&トランスジェンダー女性だ。

Rosalynne Montoya

ノンバイナリーとは、自身を女性とも男性とも位置づけていない、またはどちらでもあると考える人をいう。

ローズさんは、自身の代名詞を「she/her」または「they/them(女性・男性という枠組みに当てはまらない)」と考えている。

「私のゴールは、自分の話を通して、LGBTQコミュニティーに対する愛と教育を広めることです」と、彼女はBuzzFeedに語った。

3月20日(現地時間)、ローズさんは空港で起きたある出来事をTikTokでシェアした。動画には390万以上のいいねと、3万5千件以上のコメントが集まっている。

「トランスジェンダーであることで、旅行がときどき最悪なものになる」

@rosalynnemontoya

「(空港での)保安検査を受けるまでの間、私はとにかく不安でたまらない。書類上はすべて正しく表記されているのはわかってる。性別欄だって女性と書かれてるから」

「でも、(アメリカの)空港の保安検査では、男性用と女性用のセキュリティスキャナーがある」

Scott Olson / Getty Images

(上の写真は、アメリカの空港で使われている運輸保安庁のセキュリティスキャナー)
「見たら分かると思うけど、私は女性の体をしているし、実際に女性でもある」

「それは素晴らしいこと。自分が空港で不安を募らせていても、私には(書類上での性別は女性になっているという)特権があるのは嬉しい」

「でも、セキュリティゲートを通過するたびにいつも、私の脚の間には何か『異常』があるらしく、アラームが鳴る」

「保安検査の係員は、私のズボンに何か入っているかと聞いてきた。だから私は『いいえ』と答えた」

「すると彼女は『もしかしたら、ズボンに入っている金属のせいかもしれないから、もう一度スキャンしましょう』と言ってきた」

係員に言われた通り、ローズさんはもう一度ゲートを通った。すると再びアラームが鳴った。

トランスジェンダーの人々が旅行で直面する困難について、ローズさんはBuzzFeedにこう明かしている。

本名と性別が書かれた身分証明書を持ち旅行に行けることの貴重さを、ローズさんは理解している。それでもトランス女性として旅行することには、いつも大きな不安に襲われるという。

「私は深呼吸をして自分の荷物を持ち、クッキーバターラテとスナックを買って食べました」

「とても不快な気分になりましたし無礼にも思えましたが、昔であればもっとひどい扱いだっただろうなと思いました」

「その後、私は恋人にビデオ通話をかけました。彼は私の話を聞き、なだめてくれました」

「私が性別を移行した最初のころは、空港でもっとひどい扱いを受けていました」

「私の場合はシスジェンダー女性だと思われることが多く、書類上も女性になっている。そんな『特権』が私にはあるけれど、多くのトランスジェンダーが、これよりもさらにひどい経験をしています」

動画を見た人々からは、さまざまコメントが寄せられた。

@rosalynnemontoya / tiktok.com

「すごく残念に思うよ😭😭😭Z世代やさらに若い世代が、こういったことを正しく学んでくれるのを願ってる🙏🙏」
「スキャナーがそんなものまで検出するなんて考えたことなかった。金属だけかと思ってた…教えてくれてありがとう」

「私は長い間、『女性とは何か』という枠に収まろうとしていました」

「私のストーリーは、何百もあるうちの1つです」

ローズさんのSNSは、こちらから↓

Instagram:rosalynnemontoya

TikTok:rosalynnemontoya

🏳️‍🌈🏳️‍🌈🏳️‍🌈🏳️‍🌈🏳️‍🌈

LGBTQをはじめとする性的マイノリティの存在を社会に広め、“性”と“生”の多様性を祝福するイベント「東京レインボープライド」。BuzzFeed Japanは2021年4月23日(金)〜5月1日(土)にかけて、性的マイノリティに焦点をあてたコンテンツを集中的に発信する特集を実施します。

特集期間中、Twitterではハッシュタグ「#待ってろ未来の私たち」を使って、同性婚やパートナーシップ制度などのトピックをはじめ、家族のかたちに関する記事や動画コンテンツを発信します。

同性婚の実現を求めて全国のカップルが国を訴えた裁判や、各地でのパートナーシップ制度の広がりなど、少しずつ社会が変わり始めている今だからこそ、「より良い未来に生きる私たち」に向けて、「2021年の私たち」からのメッセージを届けます。

東京レインボープライド前夜祭として、BuzzFeedでお届けしたライブ番組はこちら🙌🏳️‍🌈

【これってアル?ナイ? #おうちでプライド2021】 💭「恋人のことを友達だとウソをついたことある?」 💭「自分の子供の名前を考えたことある?」 あなたはこんな経験ありますか?恋愛や暮らしにまつわる“あるあるな質問“について、ゲストとわいわい話し合いました🙌🏳️‍🌈 https://t.co/LcbE5Tx0l5

この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:吉谷麟