• womenjp badge
  • bf4girls badge
Updated on 2020年2月28日. Posted on 2019年10月7日

ありのままが美しい 加工無しで「リアル」を晒した海外セレブたち

セルライト、ストレッチマーク、妊娠中のむくんだ足首。ありのままの「女性の体」をファンに届けるセレブたちをご紹介します。

1. セリーナ・ウィリアムズ

2. サラ・ハイランド

Sarah Hyland / Instagram

「セルフィーって、良い角度からカワイく写るだけのものじゃない。私は本当の姿を見せようと思う。痛々しいけど」

「これが私の意思には従ってくれなかった時の顔。でもこれで良いの。健康が一番」

女優のサラ・ハイランドは子宮内膜症と多嚢胞性異形性腎の治療中であることを明かしています。これまでに16回もの手術を受けてきました。

インスタグラムYouTubeで治療の様子や手術痕を公開して、同じ病気に悩む女性たちを応援しています。

3. ヒラリー・ダフ

4. リアーナ

5. プリヤンカー・チョープラー

6. ジャミーラ・ジャミル

7. バービー・フェレイラ

8. リゾ

9. コートニー・カーダシアン

10. アシュリー・グラハム

11. ゼンデイヤ

12. クリッシー・テイゲン

13. ダニエル・ブルックス

14. ジェシカ・シンプソン

15. ブルックリン・デッカー

🧚‍♀️🧚‍♀️🧚‍♀️🧚‍♀️🧚‍♀️

昨日も、きょうも、これからも。ずっと付き合う「からだ」のことだから、みんなで悩みを分け合えたら、毎日がもっと楽しくなるかもしれない。明日もがんばる私たちへ。

BuzzFeed Japanでは性や健康について考え、「男らしさ」や「女らしさ」を超えて、自分らしく生きる人を応援するコンテンツを届けていきます。

10月1日から10月11日の国際ガールズ・デー(International Day of the Girl Child)まで、こちらのページで特集を実施します。

この記事は英語から翻訳・編集しました。 翻訳:髙橋李佳子