出張はファーストクラス、食事はタダ!インスタグラム本社で働くってこういうこと…!

    職場までインスタ映え!!!!

    現在はTikTokで働くクリステンさんは、2017年から2019年までインスタグラムで働いていた

    Photo of Christen.
    @chrristen / tiktok.com

    こちらがクリステンさん。

    インスタグラムの他にも、写真共有サイト「ピンタレスト」で働いていた経歴を持つ。

    クリステンさんは、インスタグラムで働いていたときの様子を公開。すると、その素敵すぎる職場に「いいな〜」の声が殺到した

    @chrristen

    A day in the life at #work when i used to work at Instagram #greenscreen #greenscreenvideo I did actually work I swear lolol.

    ♬ you need me to have no idea - picklepatty_39

    まずはオフィスの中を紹介!

    @chrristen / tiktok.com

    インスタらしい色で統一されている。

    か、かわいい。

    オフィス内はまさに「インスタ映え」😍

    @chrristen / tiktok.com

    こんなオシャレな食事も無料で楽しめちゃう

    @chrristen / tiktok.com

    ワッフルバーやビーガンフードなど種類も豊富。

    サンフランシスコにあるオフィスの敷地内は、ディズニーランドをイメージして作られたとか

    @chrristen / tiktok.com

    なんと、広さは30万坪!東京ドームの建物21個分もあるそう。

    会議に出るのに自転車移動が必要なときも…😅

    海外への出張で飛行機を使うときは、ファーストクラス。太っ腹すぎ

    Photo of Instagram office in New York.
    @chrristen / tiktok.com

    クリステンさんのTikTok動画は500万回以上再生され、豪華な食事を羨む声が多数寄せられた

    Comments saying the job is to basically eat food.
    @chrristen / tiktok.com

    クリステンさんは、今までのテック企業での経験をこう振り返る。

    「食べ物も素敵だけど、今まで私が働いた大手テック企業の良いところは、従業員のことを1番に考えてくれること」

    「職場での環境を、楽しくて自信をくれる場所にしてくれた。何千人もの従業員を抱えているにも関わらず、1人1人に価値がある、と思わせてくれる環境だった」

    「『多様性』を重視していて、どんな従業員の声にも耳を傾ける努力をしてくれたと思う」と彼女は語る。

    他にもクリステンさんが、どうやってインスタグラムでの仕事を手に入れたのかが気になる〜、というコメントも目立った

    Comments asking how she got the job.
    @chrristen / tiktok.com

    「契約会社を通してコミュニティマネージャーとして、コミュニティ/マーケティングチームの仕事を任されてから、インスタグラムで働くようになった」とクリステンさんは説明。

    「インスタグラムでは2年間働いていた。その後、ピンタレストでフルタイムとして働くようになり、今はTikTokで働いている」

    動画を通してキャリアアドバイスをするクリステンさんは、「キャリアについてアドバイスを必要としている人たちが沢山いることに気づいた」と語る。

    Photo of Christen.
    Christen Nino de Guzman

    「自分もその1人だった。(クリステンさんが育ち、卒業した大学があった場所である)ネブラスカ州にいたときは、まさか自分が大都会に引っ越して大企業で働くなんて思っていなかったから」

    「テック企業で働き始めた最初の数年間は、(自分の実績や能力を肯定できない)インポスター症候群を発症してしまったの。だから、動画を通して大手テック企業にある『誤解』を解きたかった」

    「私の動画が、少しでも活躍する人たちの手助けになれば嬉しい」

    クリステンさんの他の動画は、彼女のTikTokからチェックしてみてね📸

    この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:オリファント・ジャズミン