back to top

進歩的なはずの欧州でも。わき毛を見せた写真を投稿した女性、バッシングにあう

「誰にも、あなたの体をどうこうさせる権利はないのです」

LeclouxのTumblrの投稿によると、ローラは、女性と女性の体の社会的見解に関する撮影に参加した。

私は、体毛のないツルツルの体が美しいとされることに対する苦労を語ることはないのですが、説明しましょう!女性は常に、体毛の処理をもとめられます。体毛をなくすという概念はどこからくるのでしょう? 髪の毛は長い方がいいのに、それ以外はなぜ駄目なの? なぜ時間とお金を無駄にするの? たいがい痛かったり、強く押しすぎたり、それの繰り返し。終わりがないのです。なぜこの終わりのない苦労をするのでしょう? 誰が私にこんな無駄な痛みを与える権利があるのでしょう? 答えは出ています。 誰にも、そんな権利はありません! 誰にも、あなたの体をどうこうさせる権利はないのです。友達にも、自分にも、恋人にも。街の見知らぬ人に、あなたの美を損じられる必要はないのです。毛を処理するもしないのも、化粧をするのもしないのも、着飾るのか着飾らないのか。選ぶのは他人ではなく、あなたです。

ローラがその写真を自身のFacebookでシェアしたところ、わき毛を見せることについて口汚いコメントを受け取るようになった。

Laura De / Facebook

「脇下の毛むくじゃらと仲良くね!」

ローラは、写真についての非難を受けることは予想していたが、「自分がハラスメントや侮辱の被害者になるとは思ってもみませんでした」とBuzzFeed Newsに語った。

Laura De / Facebook

「吐きそう(笑)なんと、女性的でないルックスなんだろう」

悪口が続いた後、彼女はFacebook上で支持してくれるフェミニストグループに出会ったと語った。それからポジティブなコメントをもらった。

Facebook

「コメントを読んだ。読まなければよかった。でも否定より愛の方が多い。信じられない。頑張ってローラ」

「信じられない程の暴言。2016年にこんな暴言を読むなんて、信じられない」

Facebook

「あなたは美しい。あなたはあなたのままでいいのだ。人々が思うことなんて重要ではない」

彼女は投稿の中こう書いている。

私は自分の体を自分がしたいようにした女の子です。男の子がしているように。その結果、辱め、嫌がらせ、侮辱、脅しを受けました。ベルギーやフランスでは女性は十分、社会的な権利を持っているとよく言われます。でも、これらの暴言が証明するように、実は違うのです。自由で進歩的だといわれるベルギーでも、女性が脱毛しないと懲らしめられる。みんなに言いたいのです。ありがとう。何百という人がコメントをくれたり、メッセージをくれたり、写真をシェアしたり、私の企画を支持してくれました。女の子、男の子、平等な世界のために勇気を持って戦うあなたたちは私のヒーローです。

「2016年になっても、男性と同じように、自分のありのままの姿を投稿した女性は、このようなバッシングの被害者になる。そのことが、はっきりわかります」

暴言の多さにも関わらず、ローラは写真を公開したまま、さらなるコメントを受け付けている。「美の基準に従わない女の子がどんなひどい目にあうかを示したい」と彼女は言う。

Every. Tasty. Video. EVER. The new Tasty app is here!

Dismiss