• factcheckjp badge
  • medicaljp badge
Updated on 2020年2月10日. Posted on 2020年2月5日

「マスクの過信は禁物」新型コロナウイルス、妊婦さんが必要な情報まとめました。

現状では日本では大規模な感染拡大がないことから、自らや家族が中国から帰国をしたり、身近に患者がいたりする場合以外は感染の可能性は低いと指摘。「⾝近にできる予防」としては、そのうえで「特に⼈混みを避ける、マスクをかける、こまめに⼿洗いするなどの注意が必要です」としている。

中国・武漢で発生し、感染が拡大している新型コロナウイルス。特に病気への不安が高まる妊産婦や妊娠を希望する人への「アドバイス」を、⽇本産婦⼈科感染症学会が公開した。

武漢のある中国湖北省でも妊婦の重症化や死亡報告、胎児障害がないとして「過剰な⼼配は不要です」と呼びかけ、日本においては「インフルエンザやマイコプラズマなどが原因の肺炎にかかる可能性が高い」としつつ、適切な対策を共有している。

AFP=時事

2月1日に公開されたアドバイスでは、現状では日本では大規模な感染拡大がないことから、自らや家族が中国から帰国をしたり、身近に患者がいたりする場合以外は感染の可能性は低いと指摘。

とはいえ、⼀般的に妊婦の肺炎は「横隔膜が持ち上がり、うっ⾎しやすいことから重症化する可能性」があり、胎児への影響のおそれもあるとしている。

そのほかの病原体を原因とした肺炎とは症状で見分けがつかないことから、専門的な診療が必要だとして「来院前に受診先と保健所に電話でご相談ください」としている。

「⾝近にできる予防」としては、そのうえで「特に⼈混みを避ける、マスクをかける、こまめに⼿洗いするなどの注意が必要です」として、以下の点をあげている。

  • 外出後や⾷事前など、こまめに流⽔と⽯鹸で⼿洗いをする
  • アルコールなどの消毒薬(アルコールスプレーやアルコールジェルなど)が有効
  • 発熱や咳などの症状がある⼈との不必要な接触は避ける
  • 野⽣動物との接触は避け、⾁や卵は良く加熱する(⾃然宿主動物がまだ不明のため)


マスクの過信は禁物

時事通信

薬局などにあるマスクについては、飛沫感染を防ぐ、手指を口や鼻に持っていかないなどの「ある程度の効果」があるとしているが、「過信は禁物」とも指摘した。

「マスクをかけていても⿐を出したり、⼝のまわりを開けたりすると何の意味もありません。マスクは使い捨てで1 ⽇に数回取り換える⽅が有効です」

また、「家庭⽤の空気清浄機や特定の⾷べ物、サプリメントなどによる予防は有効性が確認されていません」としている。

ネット上では、根も葉もないデマから善意の「真偽不明」情報までが入り混じっている状況だ。そうした内容は過度に不安を煽るものや、差別や排外的なものも多い。アドバイスでは、こうも呼びかけている。

「感染症流⾏時には様々なデマが発⽣します。特にTwitterなどのSNS により不確かな情報が拡散しがちですが、政府や国際機関、感染症を専⾨とする学会のホームページなど信頼できる情報をもとに⾏動してください」

⽇本産婦⼈科感染症学会がまとめたリンク先は以下の通り。


また、世界中で広がる「あやしい情報」のファクトチェック一覧はNPO法人「ファクト・チェック・イニシアチブ」(FIJ)の特設サイトで見ることができる。


BuzzFeed Newsでも「新型コロナウイルス どれぐらい警戒したらいいの? 感染症のスペシャリストに聞きました」などのコンテンツを配信しています。一覧はこちらから。


Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

Got a confidential tip? Submit it here