熊本地震で被災した記者が選ぶ、持っておくべき7つのアイテム

    備えがあれば、憂いはない。

    熊本地震で被災し、震度7を経験した私が、災害時に必要だと思ったものをまとめた。

    震度7はとても怖い。

    本震後の益城町=Carl Court / Getty Images

    4月16日午前1時26分。2度目の大地震、「本震」の瞬間、私は新聞記者として、被害の大きかった益城町の役場駐車場にいた。

    とてつもなく大きな破壊音があたりに響く。はいつくばらないと体が飛ばされるくらい激しく、地面が揺れた。

    地響き以外の音は何も聞こえず、両横にあったトラックは大きく弾んでいた。地面をつかむように、抱きつくようにしながら地震が去るのをただ待った。

    数十秒続いた揺れがようやく収まれば、あたりは真っ暗に。どこからかガスが噴き出す音が聞こえ、助けを求め泣き叫ぶ声も聞こえた。

    役場庁舎からは砂埃が立ち上り、見たことのない地割れもできている。揺れの勢いで、パンクしたり、リアガラスが全壊したりした車もあった。

    あれほど死を意識した瞬間は、これまでにない。

    そのうえで、何が必要だと感じたか。

    自宅マンションは被災し、暮らせる状況ではなくなった。直後の数日間は食べ物だってままならず、シャワーやトイレにすら困る日々が続いた。断水に至っては、2週間以上続いた。

    ①懐中電灯

    本震当日、熊本市内の公園に避難した人たち=Kazuhiro Nogi / AFP / Getty Images

    ありきたりだけれども、本当に重要だ。被災地はとにかく、暗い。特に夜に大きな地震があり、停電したときの恐怖感は大きい。

    どこに何があるかわからない。地震のあとは、あたりが埃まみれになって視界も悪くなるし、地割れや段差、崩落も増える。

    スマホのライトを使うのも一つの手だ。ただ、バッテリーがなくなると使えない。小さな懐中電灯を持っていると、安心だ。

    特にそれを思ったのは、避難所のトイレだ。仮設トイレには電気がないことが多い。スマホを持ちながら用を足すことは難しいし、口にくわえられるペンライトがあれば、と強く思った。

    ②携行食品、そして飲料水

    本震3日後、避難所で実施された自衛隊の炊き出し=Carl Court / Getty Images

    やっぱり、お腹は減るし、喉も渇く。

    特に腐ることもなく、カロリーのある食べ物は、重宝する。携行食品は甘いものが多いので、塩気のあるもの、例えば塩昆布なんかもあるといい。

    私の場合、4月14日の「前震」直後にコンビニで慌てて買い込んだ食品が、数本のお茶と、キットカット。そしてなぜかレトルトカレーだった。

    キットカットとお茶には救われたが、大量買いしてしまったカレーを食べようとした時に気がついた。お湯がないので温められないのだ。

    数日すると、コンビニにも食料が入り、炊き出しも始まる。それまでをしのぐ携行食品は、常に手元にあると安心だ。

    ③カッパや替えの下着

    Armend Nimani / AFP / Getty Images

    雨が降ったときのために、カッパがあると心強い。気温が下がる夜には、防寒着の役目も果たす。一石二鳥だ。

    下着も、数日間も履き続けると、臭いや感触など、心地が悪くなる。洗濯できないのだから、どうしようもない。

    震災直後のコンビニでは、真っ先に下着類が売り切れていた。常にいくつか常備しておけば、もしものときに役立つ。

    車で1時間ほど先のコインランドリーをなんとか見つけ、ようやく洗濯ができたのは被災後、10日以上経ってからだった。

    ④毛布の代わりになる物

    震災翌日、熊本市内のホールの踊り場で寝る避難者=Taro Karibe / Getty Images

    数日間車中泊を経験したが、やっぱり夜は寒い。眠る時に羽織るものは、絶対に必要だ。

    私は防災バッグを車に積んでいたから、アルミホイルの保温シートを持っていた。これには、しばらく救われた。

    避難所でも、中に入りきれず、外で寝るようなケースもある。特に夜が冷える季節はなおさらだ。大きなタオルの一枚でもあればどことなく、安心感も違う。

    ⑤電源

    本震後に熊本の避難所に設置された充電スペース=Kazuhiro Nogi / AFP / Getty Images

    情報を調べたり、連絡を取ったり、スマホの電池は被災地で、すぐになくなる。

    モバイルバッテリーはもちろん必要だ。もしあなたが車を持っているのなら、シガーソケットにつなぐ電源(インバーターやUSBタイプ)も役に立つ。

    数日もすれば、避難所では携帯会社が設置した充電スペースも設けられる。でも、とても混雑するし、自分で充電できることに越したことはない。

    ⑥ウェットティッシュや除菌アルコール

    益城町で、自衛隊が設営した仮設風呂に並ぶ避難者=時事通信

    震災直後は、お風呂に入れない。手や顔も、なかなか洗えない。

    ウェットティッシュや洗顔ペーパーなどは重宝した。被災地は土埃が舞うから余計必要だし、気分を少しだけリフレッシュする効果だってある。

    感染症を防ぐために、「手ピカジェル」のような除菌アルコールも重要だ。食事前やトイレの後に毎回のように使用していた。

    ⑦FMラジオ

    Spencer Platt / Getty Images

    ラジオで聞く整理された情報は、役に立った。スマホでワンセグやネットラジオ、という手段もあるが、バッテリーが切れたらそこで終わりだ。

    本震直後は、避難先の人たちと、一緒にラジオを聞いていた。

    これが、震災直後の数日間を振り返って、私が必要だと思ったものたちだ。

    被災した状況によっても、性別によっても、災害の種類によっても大きく差がある。

    備えがあれば、憂いなし。いまは無駄だと思っていても、いつくるかわからない災害が来た時に、本当に役に立つはずだ。とりあえず、自分の防災バッグを用意しよう。

    関連:「記者はあっち行って」被災者と取材者のはざまで感じたこと

    Contact Kota Hatachi at kota.hatachi@buzzfeed.com.

    Got a confidential tip? Submit it here