• womenjp badge

中川翔子さん、ストーカー被害に遭ったと告白。SNSの怖さも…「本当にどうかなりそう」

2018年には、中川さんにストーカー行為をしていた男が逮捕されている。

タレントの中川翔子さんが、長年苦しめられてきたという「ストーカー被害」をYouTube動画で告白した。

同じような被害が繰り返されないように……との思いを明かし、「SNS」の怖さについても訴えた。

中川さんは3月5日に自らのチャンネルに『【急遽】ストーカー被害についてお話しします』という動画を公開。

動画では、ストーカー被害に苦しめられ、「何回も引っ越しています」と打ち明け、笑顔で仕事を何事もなかったようにしている裏でも「正直、本当にむちゃくちゃ怖かったしつらかった」と語った。

「なんでこんなことになるんだろう、なんでこんな目に逢うんだろうということがたくさんありました」「怖いですし、仕事だったりいろんなことぐちゃぐちゃになってしまうし……」

実際、2018年には、中川さんにストーカー行為をしていた都内の30代の男が逮捕されている。

男は中川さんの自宅ポストに「連絡先教えて」などとノートを投函。警察の警告を受けたのちも、自宅近くで中川さんを待ち伏せした疑いがあった。男は容疑を認めていた。

中川さんによると、逮捕された男以外からもストーカー被害を受けた経験があり、引越しを余儀なくされ、愛猫と離れて暮らさなければならない時期もあったという。

「本当にどうかなりそうでした。めちゃくちゃ悔しいですね。そのこと思い出すと、奪われた時間お金も、精神的苦痛とかでいうと、もう一生、取り戻せないんですよね。その歪んだ行動がどれほど人の人生を奪うのか」

「SNS時代」の怖さ

中川さんは、こうしたストーカー被害の背景にはSNSの特性があるとも語っている。

「SNSで人との距離感が身近に感じられすぎちゃうんですかね。距離感がわからくなっちゃう方が、一定数いるみたいなんです」「線引きっていうのが大事だということが、わからないのはなんでなんだろうって」

「じゃあSNSやめろよとかいう意見も出てくるけど、人の幸せだったりとか、楽しいとか好きとかを発信して繋がってるっていうのはとても生きた証として素晴らしいものなので、そういう単純な問題ではないような気がするんですよね」

多くの人がSNSを使うなかで「芸能の仕事」に限らず多くの人が同様の被害に遭っている可能性があるとして、「世の中の女性の皆さんが心配です」「何かあってからじゃ遅いですからね」と、こう呼びかけた。

「私だけじゃなくて、そういう被害に遭ってる方もたくさんいるんじゃないかなと思います」

「SNS時代なので、どこから度を超えて勘違いみたいになっちゃう人が出てくるかわからない。いつ、どこに現れるかって、今までそういう体験がなかったとしても全然、あるんですよ

「本当に今まで自分はないから大丈夫とか思わずに、常に警戒して、身の安全だったりとかに気をつけながら、何かおかしなことがあったらすぐに警察に相談していいと思います」

「平和に暮らしたい」

「これまであんまり言えなくて、本当に悩んで本当につらかったりしたので、こういう思いをあまりたくさんの人にしてほしくない。くれぐれも気をつけて、ください。本当に」

14分近くにわたり、悲痛な思い述べた中川さん。動画の終盤で、言葉に力を込めた。

「私もすごく怖いです。これからも怖いです。もう引っ越したくない、本当に。だから、みんながいい距離感で、お互い思い合って、安全に幸せに、心から笑顔に暮らせたらいいのにね」

「どうか平和な世界でありますように、これからも私は静かに暮らしたいです。なので、そっとしておいてください」


ご意見を募集しています

📣BuzzFeed Newsでは、LINE公式アカウント「バズおぴ」(@buzzopi)で、読者の皆さんのご意見を募集しています。

日々の暮らしで気になる問題やテーマについて、皆さんの声をもとに記者がニュースを発信します。

情報や質問も気軽にお寄せください。LINEの友達登録でBuzzFeed News編集部と直接やりとりもできます。様々なご意見、お待ちしています。

友だち追加